ビジネス

iPhoneで通話録音する3つの方法【裏技/アプリなし/誰でもできる】

スポンサーリンク
ビジネス

iPhoneで通話録音する方法が知りたい

こんな悩みを解消します。

この記事にたどり着いたあなたは気付いているかもしれないですが、
実はiPhoneでの通話録音はなかなか困難。

「だけどどうしてもiPhoneで通話録音しないとダメなんだ!」
と切迫しているあたなたのために、本記事では

記事の内容
  • iPhoneで通話録音できない理由
  • iPhoneで通話録音する3つ方法

を紹介します。

本記事を読めばiPhoneでの通話を録音する
実践的な方法を知ることができます。

iPhoneの通話を録音したいけど方法が分からず困っている方は必見の内容です。

記事の信頼性

筆者は在宅勤務の職場で電話会議の機会が多く、実際に本記事で紹介する方法でiPhoneの通話を議事録として録音しています。

スポンサーリンク

iPhone(アイフォン)で通話を録音できない理由

録音できない理由

なんかiPhoneの通話録音てハードル高くない?

と思っている方、大正解です。

iPhoneは日本だけでなく全世界で販売されている通信機器なので、プライバシー保護に厳しい国にも対応できるように設計されています。

特にiPhoneの生まれたアメリカは訴訟大国でもあり、
相手に許可なく通話を録音すること自体が違法行為です。

違法行為なの!?

そうなんです、日本人の感覚的にはかなり驚きですよね。

そんなこともありiPhoneには基本的に通話を録音する機能が備わっていないので、
初期設定から入っているボイスメモアプリを使っての録音はもちろんできませんし(自分の声だけの録音はできますが相手の声は無理)、

全てのiPhoneのアプリを提供しているApp Store内において、
まともな通話録音アプリはないというのが現状です。

まともなアプリってどういうこと?

通話録音アプリで検索するといくつかのアプリが出てくるんですが、
口コミを見ると過度な高評価と過度な低評価が半々で、典型的な詐欺アプリに見られる口コミ傾向。

詳しく調べると限定的な状況では機能するアプリもあるようですが、有料かつ失敗する可能性があるので私は使っていないです。

アプリもダメならどうすればいいの?

そこは…アナログで攻めましょう!
ということで次項から録音する具体的な方法を紹介します。

筆者
筆者

リスク背負ってアプリを使う!という強硬派の方はここから先は読まなくてOK

iPhoneで通話録音する3つの方法

iPhoneで通話録音する方法は以下の3つ。

  1. 専用ガジェットを使う
  2. スピーカーにしてICレコーダーを使う
  3. Androidスマホに買い替える

それぞれ簡単に説明します!

iPhoneで通話録音する方法①:専用ガジェットを使う

専用ガジェットを使う

最もおすすめしたいのが
StickPhoneという通話録音専用ガジェットを使う方法。

実際に私がやっている方法がコレです!

使用方法も超絶簡単で、

  1. 充電して
  2. Bluetoothで繋いで
  3. 通話するだけ

という3ステップを踏むだけ。

イメージとして普段iPhone同士でしている通話を、

普段のiPhone同士の通話

StickPhoneを通じて通話するイメージです。

StickPhoneを通じて通話

特別な操作なども必要なく、
「普通に通話をすれば勝手に録音されている」
って感じなので、あまりガジェット慣れしていない人でも安心。

まさに私がガジェット慣れしていない人なので…笑

値段は少々高めですが、音質もよく、
「確実に録音したい!」という方にはおすすめの方法です。

ドコモでも大丈夫
同じiPhoneでもドコモだと録音はとりわけ難しいようですが、ドコモユーザーの私もこの方法で録音できているので安心してください

もっと口コミや使い方を具体的に知りたい!
という方はこちらの記事もチェックしてみてください。
合わせて読みたい
>>StickPhoneの使い方と口コミを紹介【誰でもできる】

iPhoneで通話録音する方法②:スピーカーにしてICレコーダーを使う

スピーカーにしてICレコーダーを使う

これは非常にアナログな方法ですが、
通話をスピーカーにして傍にICレコーダーを置いておけば録音は可能。

これも私はやっていました笑

会社からiPhoneを貸与されていて2台持ち!

なんて人であれば、
会社のiPhoneで通話しながら
プライベートの方のiPhoneで録音することも可能ですね。

今は2~3,000円くらいで品質の高いICレコーダーが買えるので、

StickPhoneは値段的に厳しい

という方であればICレコーダーでの録音でも良いですね。

実際にやってみると分かりますが、iPhoneでもかなり音質は綺麗ですよ

ICレコーダーはこの辺りがおすすめです。

iPhoneで通話録音する方法③:Androidスマホに買い替える

Androidスマホに買い換える

3つ目の方法はそもそもiPhoneから他のAndroidのスマホに買い替える方法。

いやiPhoneで録音する方法じゃないじゃん!

はい仰る通りです、すみません…、

ただ、今はAndroidなら通話録音アプリありますが、
昨今グローバル化が進んでどんどんアプリに制限がかかっているという状況ではあるので、

せっかくAndroidに買い替えたのに録音アプリ使えなくなった…

という最悪な展開もありえます。。

なので、私としてはStickPhoneかICレコーダーの方法がおすすめですね。

iPhoneの通話を録音する際には注意

まとめ

今回紹介した方法を使えばiPhoneでの通話を録音することができますが、

日本においては相手の許可なく録音することは違法ではないもののマナー違反であるというのが通例です。

ミーティング時に録音する際には、「議事録のために録音させていただきます」と一言かけることに心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました