ビジネス

【体験談】我究館という転職塾に通った話。評判は?

スポンサーリンク
我究館ビジネス

今回は私が我究館という転職塾に通っていたときの体験談をお話したいと思います!

スポンサーリンク

転職活動を始める前に

ミーティングする男

私が我究館を知ったのは、転職について会社の先輩に相談したときです。

彼は先に転職活動を初めていて、何から手を付けていいかもわからない自分に転職活動のいろはを教えてくれました。

先輩
先輩

何がやりたいか明確に決まっているの?

えるも
えるも

いえ、なんとなく楽しくないから転職しようかな…

くらいです…。。

先輩
先輩

だったらまずこういうところ行った方がいいよ!

と、教えてくれたのが 我究館でした。

とても尊敬している先輩だったので、その週末にすぐ無料相談に行くことにしました。

自分が本当にやりたいことや、仕事を通じて実現したい本当の欲求が見えてくる

という先輩の言葉が印象的でした。

我究館でやるのは究極の自己分析

パソコンとデータ

無料相談には、就活本のベストセラーになっている絶対内定シリーズの著者である熊谷先生がいらっしゃいました(みんなからは熊さんと呼ばれています)。

授業でどんなことをやるかの説明があったんですが、

簡単に言うと、「みんなで自己分析をする」ということでした。

自己分析なんだから、通わなくて自分でもできるんじゃないの?と質問したんですが、

「みんなでやる」というのが大事ということでした。

我究館に通っている1か月は、

毎週の授業の時間以外も常に自己分析を継続するカリキュラムになっていて、

授業の際には熊さんとクラスメイトに、課題の内容を質問責めされて自分自身と強制的に向き合わされます。

そういう環境を自分だけで作れるなら通わなくても良いけれど、

たいていは無理だから通った方が良いという話でした。

えるも
えるも

確かに、自分のことを全然知らない誰かがめっちゃ分析してくれるって状況ないな…。

めっちゃ面白そう!

私はすぐに通うことにしました。

ちなみに費用は5回の授業で10万円ほど。決して安くはないですね。

毎週の授業の時間は熱いディスカッション!

ホワイトボードとディスカッション

社会人クラスは常に少人数で、私の時は私を含めて5人でした。

私以外には、

  • ブラック旅行代理店勤務女子
  • 都内の超名門高校出身の慶應卒SE
  • ガツガツしてる外資系コンサル
  • 海外ボランティア経験豊富でおとなしいオシャレな営業マン

とこんな感じ。

すでにめっちゃ面白そうじゃないですか?笑

いやほんとに、みんなと会うのが毎週楽しみで楽しみでしょうがなかったです。

全然違うバックグランドをみんなもっていて、

でも何かしらみんな今の仕事に不満をもっていて、

それを真剣に解決しようと思っている。

そんな仲間たちと、本気で毎週、自分自身を見つめなおす本気のディスカッション

しかも、見つめなおすべき自分って結構自分の弱いところにあるんですよ。

普段なら絶対晒さないようなところを晒しあいまくって、

本当に仲間意識が芽生えましたね。

長年の友達でも知らない自分の闇を、こいつらは知ってる。みたいな!

ちなみにこの時に私は、

負の感情を消すことができるという特殊能力を自分が持っていることを知りました。笑

幼少期にショッキングな出来事があると発現することがあるそうなんですが、

完全に私は当てはまっていたんです。

昔から、なんで自分はこんなに鈍感なのかって不思議に思っていたんですよ。

しかも楽しいとか面白いって方は敏感なのに、怒りとか不安とか、マイナスの方の感情が異常に鈍感。

熊さんから教えてもらって、長年の自分の中に蓄積してた謎が解けて、とてもスッキリしました。

クラスメイトの中には熱くなりすぎて涙目になる人もいて、

みんなが裸でぶつかり合っているのを感じましたね。

ぶっちゃけどうだったのか

優雅に本読む男

めっちゃ良かったです。

自分を知ることができたというのはもちろん、

自己分析のメソッドを教えてもらえたのが大きいですね。

熊さんは、「3年に1度は自分の職業を見直すべき」と仰っていたんですが、

次は自分1人だけで自己分析できそうです。

我究館に通ったおかげで、「将来自分が何したいのか」と問われても即答できるようになりました。

面白いのが、同じ仕事をしていても、 我究館に通う前と後で充実度が違うんですよ。

これは、「なぜ自分は今この仕事をしているのか」というのを、

将来自分がしたいことと重ねることができるようになったからなんです。

子供の時よく思いませんでした?

「因数分解とかこれ将来何の役に立つんだよ…」みたいな。笑

目的がよく分からないとモチベーションは下がるんですが、

逆に目的が明確になっていると、手元にある仕事が何の役に立つのか分かってくるんですよね。

自分を分かるってこんなに大事なんだなぁと思いましたね。

周りの評判はどうなの?

玉子から植物

私の周りの実例でいうと、クラスの1人くらいは失敗というか、殻を破り切れずに終わっています。

でもこれは本当に個人の問題で、わざわざ10万円払って、さらけ出せいないということは、本当にこういう場所に向いていないんですよね。

だから本人たちからしても、向かないという自己分析ができてよかったと思いますね。

正直これ以上に受動的に取り組めるビジネススクールってないですよ。

カリキュラムこなしているだけで強制的に自己分析めちゃくちゃできますからね。

他のビジネススクールとかセミナーって、もっと主体性や能動性が求められますからね。

我究館はおすすめ

まとめ

私は転職の相談を受けたら全員に我究館をすすめるくらいあの場所と熊さんに感謝しています。

我究館に通ってからコンサルやNPOを始めたり、確実に人生の流れが変わった感があります。

10万円という出費は決して安くないですが、

得られるリターンを考えるとリーズナブルだと思います!

みなさんのビジネスライフがより充実したものになると良いですね!

ちなみに熊谷先生の著書はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました