USCPA(米国公認会計士)

USCPA(米国公認会計士)とは?簡単に解説【3分で読める・受験資格/年収/難易度など】

スポンサーリンク
USCPAUSCPA(米国公認会計士)

USCPA(米国公認会計士)
ってなに?どんな職業か
簡単に知りたい!

こんな疑問を解消します。

アメリカの資格で就職や転職に有利な
USCPA(米国公認会計士)

日本の公認会計士や税理士よりも
知名度は低いですが、
意外と年収の高い穴場資格です。

本記事では、

記事の内容
  • USCPAの仕事内容
  • USCPAの試験制度
  • USCPAの難易度
  • USCPAの年収(給料)
  • USCPAの将来性
  • 日本の公認会計士との違い

を紹介します。

本記事を読めば、
たった3分間でUSCPAとは何かを理解できます。

USCPAに興味のある方は必見の内容です。

スポンサーリンク

USCPA(米国公認会計士)の仕事内容は?

仕事内容

USCPA(米国公認会計士)ができる仕事は
以下のとおり。

  • 会計監査
  • 外資系企業で経理・財務
  • コンサルティング
  • 最高財務責任者(CFO)

USCPA資格をもっている人のほとんどは
上記の仕事に従事しています。

色々できるんだね

USCPAができる仕事の幅は広いです。

USCPA(米国公認会計士)の試験制度は?

実質二次

USCPAの試験制度は以下の通り。

USCPA(米国公認会計士)の受験資格

USCPAには受験資格がありますが、
内容は受験する州によります

州による!?

はい、州によるんです。
USCPAの資格価値自体はどこの州で取得しても
同じですし、問題も同じなんですが、
受験資格だけ州ごとで違います

  • 大卒じゃなきゃダメな州
  • 高卒でもOKな州

など様々。
詳しくはアビタスという予備校のページを
ご覧ください(→州ごとの受験資格)。

ご自身の状況と照らして
受けられる州を受ければOK。

USCPA(米国公認会計士)の試験制度

USCPAの試験科目は以下の4科目。

  • FAR(財務会計)
  • BEC(企業経営環境・経営概念)
  • REG(諸法規)
  • AUD(監査および諸手続き)

1科目ずつ受験可能で、
4科目を18か月以内に受かればOK。

1科目ずつで良いんだね!

ちなみに試験はコンピューター受験で、
1年の中で
3の倍数以外の月(1,2,4,5,7,8,10,11,12)
に受験可能です。

そんなにあるんだ!?

筆者
筆者

はい、チャンスは
かなり多いです!

USCPAの特徴的な部分ですが、
資格試験なのに受けるタイミングは自由

TOEICに似ていますね。

そろそろ受かりそう!

と思ったら受ければOK。

ちなみに日本でも受験可能で、
東京か大阪で受けられます。

受験チャンス多いし、
1科目ずつで良いし、
日本でも受けられるし、
結構気軽な試験だね!

筆者
筆者

そうなんです!
一昔前まではアメリカに
行く必要あったので大変でした

USCPA(米国公認会計士)の難易度は?(合格率など)

3500時間

USCPAの難易度に関する情報は以下のとおり。

  • 合格率:全科目50%前後
  • 平均勉強時間:1,200~1,500時間

勉強時間のソースは資格の学校TAC
ちなみに上記の時間は

  • 英語苦手
  • 会計知識なし

の人の場合。
どちらかが得意であれば時間はもう少し
短くなります。

結構合格率は高いんだね!

高いです。
USCPAは決して難易度の高い資格ではありません

USCPA(米国公認会計士)に独学で合格は可能?

独学で合格は不可能

独学での合格は無理です。

そんなハッキリ…

難易度の高い資格ではないですが、
さすがに独学はかなり困難

USCPAを目指すのであれば
予備校に通いましょう

USCPA(米国公認会計士)の予備校にはどんなところがあるの?

USCPAで有名な予備校は以下の4校だけ。

日本からUSCPAになる人のほとんどはこの学校に通っています。

筆者
筆者

ちなみに合格実績No.1は
アビタスです!

USCPA(米国公認会計士)の年収(給料)は?

年収・給料

USCPA(米国公認会計)の
平均年収は650万円ほどといわれています。

USCPAホルダーであれば会計Big4といわれる
監査法人やコンサル会社へ就職できますが、
22歳でBig4に入社すれば
30歳で年収は1,000万円程度になります。

筆者
筆者

サラリーマンの平均年収は
500万円弱なので
およそ2倍程度の給料です

会計Big4
  • EY
  • Delloite
  • PwC
  • KPMG

平均年収650万円といわれていますが、
数千万円を稼ぐクラスの人が少ないんですよね。

年収1,000万円には全員到達する資格ではあります。

USCPA(米国公認会計士)の初任給はどれくらい?

監査法人に勤めるUSCPAの
平均初任給は30~35万円程度
大卒初任給の平均は20万円程度なので、
1.5倍くらいですね。

初任給から結構高いね!
1年目の年収はどれくらい?

筆者
筆者

人にもよりますが、
550~650万円程度です

USCPA(米国公認会計士)の将来性は?AIに取って代わられない?

AIに取って代わられない

USCPAはAIに
取って代わられないの?

結論から言うと代わられる部分も多いです。

えぇ!?
大丈夫なの?

大丈夫です

本来的にUSCPAが
価値を生み出しているのは
会計のプロとしての判断に依存する部分

そこはAIには取って代わられません。

USCPA(米国公認会計士)と公認会計士の違いは?

USCPAとの違い

日本の公認会計士との違いは以下のとおり。

  • 米国公認会計には
    国内に独占業務がない
  • 米国公認会計士の方が
    圧倒的に難易度が低い

圧倒的に!?

USCPAも簡単ではないですが、
日本の公認会計士と比べると
圧倒的に難易度が低いです

ちなみに日本の公認会計士と
USUPAは普通に一緒に仕事します

私もチームによっては
私以外、全員USCPAという
仕事もあります

日本の公認会計士について詳しく
知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
▶公認会計士とは?簡単に解説【3分で読める/年収や難易度】

USCPA(米国公認会計士)を目指そう!

まとめ

かなり省略しましたが、
ざっくりとUSCPAについて
理解いただけたでしょうか。

USCPA少し気になるかも!

という方は、
ぜひアビタスというUSCPAに強い予備校へ
資料請求してみましょう。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました