簿記3級

簿記3級を難しすぎと感じる3パターンと対策【受かる気がしない人必見】

簿記3級
悩む人
悩む人

簿記3級が難しすぎ…なんでこんなに難しいの…

こんな疑問を解消します。

結論、簿記3級を難しすぎと感じる人は
今回紹介する3つのパターンに陥っていることがほとんどです。

就活を控えた大学生や転職を考える社外人に人気の日商簿記3級

よく「独学でも短期間の勉強で合格できる資格」として紹介されますが、
実は勉強方法を間違うと簡単には受からない資格なんです。

そこで本記事では、

記事の内容
  • 簿記3級が実は難しい3つの理由
  • 簿記3級を難しすぎるの感じる人の3パターンとその対策

を紹介します。

本記事を読めば簿記3級を難しすぎと感じている根本的な理由と解決策が分かります。

なるべく早く簿記3級に受かりたい人は必見の内容です。

記事の信頼性

筆者は簿記の最上位資格である
公認会計士資格保持者
簿記に精通するプロフェッショナルです。
日商簿記1,2,3級も取得しています。

簿記3級はなめて挑むと落ちる試験です

簿記3級はなめて挑むと落ちる試験です

まずお伝えしたいのは、

筆者
筆者

簿記3級はなめてかかると落ちます!

ということ。
資格系のサイトをみると「難易度が高くない資格」としてよく紹介されますし、
過去の合格率を見ると、

合格率
161(2022.6.12)45.8%
160(2022.2.27)50.9%
159(2021.11.21)27.1%
158(2021.6.13)28.9%
157(2021.2.28)67.2%
156(2020.11.15)47.4%

合格率は50%程度(158回と159回は異常に難しくて炎上したので無視で)なので、
確かに難関資格ではないんですが、独特というかクセがある資格なんですよね。

筆者
筆者

クセをうまく掴めないと落ちます

私は簿記3級から始まり2級→1級→公認会計士と取得しましたが、
クセをつかむまでには苦労しました。

簿記3級のどんなところがクセがあって難易度を上げているのか、次の章で説明しますね!

簿記3級が実は難しい3つの理由

簿記3級が実は難しい3つの理由

簿記3級が実は難しい資格である理由は以下のとおり。

これだけだとピンとこないと思うので、それぞれ簡単に説明します。

難しい理由①:専門用語が多い

簿記3級を難しい理由として、専門用語の多さが挙げられます。

終始出てくる「仕訳」という言葉に始まり、

  • 借方/貸方
  • 貸借対照表
  • 損益計算書

など、専門用語のオンパレードです。

テキストの内容を理解するためには
この辺りの専用用語は覚えていることが前提になるので、覚えずに勉強を進めても何も理解できません

筆者
筆者

私も本当にこれは苦労しました…

難しい理由②:簿記の概念が義務教育に出てこない

簿記の勉強の内容は小中学校でやってきたどの科目とも繋がらない完全に新しい概念です。

筆者
筆者

仕訳を使って会社のお金を計算する
なんてやってないですからね

なので簿記を勉強し始めると、

悩む人
悩む人

え、なにこれ?
仕訳が集計されてTBになって、
それがBSとPLになる?は??

と面食らってしまい、難しく感じるというわけです。

筆者
筆者

私も最初は何が起きているか
全く理解できませんでした笑

難しい理由③:ビジネスの流れを理解しないといけない

簿記は実務系の資格なので、
実際の会社のビジネスの流れが想像できないと理解するのが難しいです。

  • 商品を仕入れて売る
  • 車を買う

みたいな取引は何となく想像できますが、

  • 社債を発行する
  • 有価証券を取得して時価評価する
  • 株式を発行する

などの取引ってイメージしにくいですよね。

こういった特殊な会社の知識が必要なのも、簿記を難しくしている理由です。

簿記3級に不合格は恥ずかしい?落ちるってやばい?

簿記3級に不合格は恥ずかしい?落ちるってやばい?

簿記3級に不合格して恥ずかしい…

簿記3級に落ちるって自分てやばいのかな…

といったコメントはよく見かけますが、そんなことないので安心してください!

落ちる理由は勉強ができないとか頭が悪いとかそういうことではなく、
落ちるパターンにハマってしまっているからなんです。

悩む人
悩む人

落ちるパターンって?

次の章から詳しく解説します!

簿記3級を難しすぎと感じる3つのパターン

簿記3級を難しすぎと感じる3つのパターン
悩む人
悩む人

簿記3級難しすぎ…

と感じる人や実際に落ちてしまう人は
以下の3つのパターンに陥っていることがほとんどです。

各パターンの詳しい内容と、それぞれの解決策を紹介していきます。

パターン①:完全独学で勉強している

完全独学で勉強している

1番多いのが完全独学しているパターン。

悩む人
悩む人

完全独学?って何?

自分で市販のテキストを買って、
そのテキストを使って独学で勉強、というパターンのことです。

悩む人
悩む人

それ普通の独学なんじゃないの?

その通りです。

市販テキストで独学…というのは多くの人がやりがちな一般的な方法なんですが、実はこの方法だと

  • たくさんの専門用語
  • 初めて触れる簿記の概念
  • 馴染みのないビジネス慣行

を理解することが非常に難しいんです。

筆者
筆者

自分でテキストを読んで
理解できるほど
簡単な内容ではないです

悩む人
悩む人

じゃあどうすれば良いの?

結論からいうと、
専門学校の授業を受けて有名講師の説明を一通り聞きましょう。

自分でテキストを読んで理解できないような内容でも、講師が丁寧に説明してくれるとスッと理解できます

悩む人
悩む人

専門学校の授業って…お金かかるってこと?

いえ、実はとっておきの裏技があるんです。

簿記3級の専門学校の授業を無料受講する方法

簿記3級の専門学校の授業を無料受講する方法

簿記3級の専門学校の授業を無料で受けるには、CPA会計学院という専門学校の
公認会計士講座へ資料請求しましょう。

悩む人
悩む人

CPA会計学院ってどこ?
なんで公認会計士講座?

CPA会計学院は資格の専門学校で、
特に簿記も含めた会計系資格に強い学校として有名です。

筆者
筆者

最近は合格実績の勢いがすごくて
業界では知らない人はいないです

そんなCPA会計学院に資料請求をすると
公認会計士講座の入門講義が無料で受講できるんですが、この入門講義が簿記3級相当の内容となっているんです。

筆者
筆者

つまり資料請求するだけで
簿記3級の専門学校の授業が
無料で受けられる
んです!

資料請求すると1週間以内に

  • 教材(テキスト+問題集)
  • URL

が届くので、パソコン、スマホ、タブレットで受講しましょう!

筆者
筆者

テキストと問題集は
こんな感じです

CPA会計学院無料教材

資料請求は↓からどうぞ(1分で完了します)。

\今なら無料で有名予備校の教材がGetできる!/

悩む人
悩む人

他の予備校じゃダメなの?

と思われるかもしれないですが、
会計系資格に強い有名な専門学校で
簿記3級講義を無料で受講できるのは
CPA会計学院だけです。

筆者
筆者

CPA会計学院も
最近始めたばかりです

CPA会計学院もいつまでこんなお得な
キャンペーンをやっているか分からないので、
気になる方は早めに資料請求しましょう!

筆者
筆者

本来は2万円くらいする講義なので
受けないと2万円損です!

\今なら2万円分が無料/

パターン②:テキストが合っていない

テキストが合っていない

簿記3級が難しすぎと感じる人の多くは
パターン①の完全独学ですが、次に多いのが勉強しているテキストが合っていないケース。

独学している人にとってのテキストは
先生みたいなものなので、相性が悪いと勉強が進みません

筆者
筆者

学生時代、嫌いな先生の授業って苦痛でしたよね…

市販のテキストで勉強するのはOKですが、
しっかり自分に合ったテキストを選びましょう。

悩む人
悩む人

テキストのおすすめはある?

私はTAC出版から出ている以下の3つのテキストのどれかを選ぶことをおすすめしています。

テキスト値段コスパポップさ・見やすさ論点の網羅性特徴こんな人に向いているLink


スッキリわかる
1,100円テキスト&過去問で
約2,200円
可愛い絵で
かなりポップ
重要論点のみポップなイラストと
重要論点に絞った内容で
超人気テキスト
分かりやすいテキストで
効率的に勉強したい
>>Amazonへ


よくわかる
2,200円テキスト&問題集&過去問で
約5,610円
シンプル超網羅的網羅的で
ボリュームのある
王道的なテキスト
カッチリしたテキストで
基礎からしっかり勉強したい
>>Amazonへ

みんなが欲しかった
1,540円テキスト&問題集&過去問で
約3,960円
オールカラーで
見やすい
重要論点を深くスッキリわかるシリーズのポップさと、
よくわかるシリーズの情報量を
兼ね備えたハイブリッドなテキスト
わかりやすく、でも
少しカッチリした
テキストで
バランスよく勉強したい
>>Amazonへ

それぞれ特徴があるので、
Amazonのページから試し読みをして自分に合った一冊を選びましょう!

テキストの詳細はこちらの記事でも紹介しています。
合わせて読みたい
>>簿記3級の参考書はどれがおすすめ?人気の3冊をプロが徹底比較

パターン③:問題を解き慣れていない

問題を解き慣れていない

ここまで紹介した2つのパターンは
既に解消しているが、それでもまだ難しすぎと感じるのであれば、
それは問題を解き慣れていない時です。

簿記3級の勉強はアウトプット、
つまり問題をどれだけ解くかが大事。

悩む人
悩む人

専門学校の授業は受けたし、テキストも読み込んだ

というだけではまだ足りません。

内容が理解できたらひたすら問題を解きまくりましょう

筆者
筆者

勉強時間の多くは問題を解く時間に充てましょう

簿記3級のネット試験が難しすぎた人は試験方式を見直そう

簿記3級のネット試験が難しすぎた人は試験方式を見直そう
悩む人
悩む人

簿記3級のネット試験を受けたんだけど難しすぎ…

と感じている人はペーパー方式での受験も検討しましょう!

ペーパー方式はいつでも受けられるネット方式と違い、受験時期は

  • 2月
  • 6月
  • 11月

に絞られてしまいますが、
勉強スケジュールも立てやすいですし、
「答えをパソコンで入力する」といった不慣れなことをしない分、
冷静に問題に取り組めます

筆者
筆者

初受験がネット試験だと面食らう人もいます

試験方式は相性もありますし、
ネット試験が微妙な人は迷わずペーパー試験を受けましょう

合わせて読みたい
>>簿記2級/3級ネット試験の従来との違い・注意点を実際に受験したプロがまとめて解説【体験談アリ】

受かる気がしない人もしっかり対策すれば絶対合格できます

まとめ
悩む人
悩む人

簿記3級難しすぎ…こんなの受かる気しないよ…

となっている人も、今回紹介したそれぞれのパターン別の対策をすれば大丈夫です!

簿記3級は超簡単な資格ではないですが、
難易度の割には就職市場での評価も高く
ビジネス全般に通用するお金の知識もつくので非常におすすめの資格です。

ぜひ今回の記事を参考に簿記3級の勉強を進めてください!

それでは。

タイトルとURLをコピーしました