簿記2級簿記3級

簿記2級/3級がネット試験可能に!従来との違いや注意点をまとめます【プロが解説】

スポンサーリンク
ネット試験簿記2級

簿記2級と3級がネット試験で受験できるみたいだけど従来との違いや注意点を知りたい

こんな疑問を解消します。

就活を控える大学生や転職を考えている社会人に人気資格の日商簿記
これまでは年に3回のペーパー試験のみ実施されていましたが、
2020年12月からネットでの受験も可能になりました。

本記事では

記事の内容
  • ネット試験の概要/従来との違い
  • ネット試験のメリットデメリット
  • ネット試験の注意点
  • ペーパー試験とネット試験、どちらを目指すべきか

を現役公認会計士の筆者(もちろん簿記も1~3級まで持っています)が紹介します。

本記事を読めば簿記のネット試験に関する疑問・悩みが解消します。

これから簿記を受験しようと思っている方は必見の内容です。

▼簿記3級講座が無料で受講できる▼

簿記3級の専門学校の授業(2万円相当)を無料で受講する方法が知りたい方はこちらの記事へどうぞ。
>>簿記3級の専門学校の授業を無料で受講する方法【1分で完了】

スポンサーリンク

簿記ネット試験の概要と従来方式試験との違い

簿記ネット試験の概要と従来方式試験との違い

ネット試験/従来試験の概要はざっと以下のとおり。

項目ネット試験概要従来
施行開始2020年12月~
試験会場日本全国のテストセンター指定の大学など
試験方式パソコンで回答紙で回答
合否判定すぐに分かる2~3週間後
試験日ほぼ毎日2/5/11月
試験時間2級:90分
3級:60分
2級:120分
3級:120分
出題範囲従来通り出題区分表に従う
受験料2級:4,720円
3級:2,850円
2級:4,720円
3級:2,850円

あくまで従来方式の試験も続いていくので、
ネット試験に移行するわけじゃなく、どちらの方式でも受験できるようになるって感じです。

筆者
筆者

違いにフォーカスして説明します

簿記ネット試験と従来試験の違い①:試験方式

従来方式は紙面での回答ですが、
ネット試験ではパソコンに直接入力する回答方式になりました。

問題も紙面では配布されないので、
問題への書き込みなどはできなくなっています

簿記ネット試験と従来試験の違い②:合否判定

合否判定期間は

  • 従来方式:2~3週間
  • ネット試験:即日

という違いがあります。

筆者
筆者

即日で合否判定が出るのはすごいですね

簿記ネット試験と従来試験の違い③:試験日

従来方式は2月6月11月の年3回のみの実施ですが、ネット試験は基本的に毎日受験することができます。

テストセンター空席情報サービスにアクセスして希望の日程で申し込むだけ。
めっちゃ簡単に受験可能です。

テストセンター空席照会

簿記ネット試験と従来試験の違い④:試験時間

従来方式では簿記2/3級どちらも試験時間は120分ですが、ネット方式では

  • 2級:90分
  • 3級:60分

となっています。

とくに3級はかなり短いね

従来方式と問題形式も違うので
「時間が変わる=難易度が変わる」ということではないので安心してください。

時間は統一されます
2021年6月のペーパー試験から試験時間はネット時間と統一されます。
試験時間が違いのはあくまで一時的な措置です。

簿記ネット試験のメリット・デメリット

簿記ネット試験のメリット・デメリット

従来方式と違いが色々とあったけどメリットとデメリットは?

ネット試験のメリット・デメリットはこんな感じ。

メリット・何回でも受験できる
・いつでも受験できる
・自分のペースで勉強できる
デメリット・対策教材が少なく準備がしづらい
・書き込みができない

簿記ネット試験の最大のメリットはいつでも何度でも受験できるという自由さとチャンスの多さ

デメリットは導入されたばかりなので対策教材が少なく準備が難しい点。

簿記ネット試験の注意点

簿記ネット試験の注意点

簿記ネット試験を受けるにあたっての注意したいのは以下の2点。

  1. ネット試験の受講方式を理解しておく
  2. いつでも受けられるからといってダラダラしない

問題文に書き込みができない、
パソコンに直接入力するなどネット試験ならではの受験方式を理解しておきましょう。

また、

いつでも受験できるしまだ勉強しなくていいや♪

ダラけてしまうのに注意!!!

〇月〇日に受験する!

と決めてしまうか、
従来方式での受験を検討しましょう。

簿記はペーパーとネット、どちらで受験すべきか

簿記はペーパーとネット、どちらで受験すべきか

ネット試験の特徴や従来との違いは分かったけど、結局どちらで受験すべき?

結論からいうと
従来のペーパー方式での受験の方がおすすめです。

1ヶ月以内に簿記資格を入手しないといけない!!

というような状況ならまだしも、
ある程度時間に余裕があるならとりあえず次のペーパー試験を目指しましょう。

  • 対策教材が多くて勉強しやすい
  • 書き込みなどができるので解きやすい

など、現状ではペーパー試験の方が合格しやすいです。

そこでもし不合格だったら、
できなかったところを勉強し直して
ネット試験で受け直せばOK

筆者
筆者

ネット試験が浸透してきてペーパー試験と差がなくなってきたらネット試験1本に絞りましょう!

簿記2級/3級をネット受験をしよう!

まとめ

簿記はもともと就活や転職活動に有利・受験回数も多いという好条件資格でしたが、
ネット試験が導入されたことでよりチャンスが増え神資格になりました。

従来方式とうまく併用して簿記資格取得を目指しましょう。

▼簿記3級講座が無料で受講できる▼

簿記3級の専門学校の授業(2万円相当)を無料で受講する方法が知りたい方はこちらの記事へどうぞ。
>>簿記3級の専門学校の授業を無料で受講する方法【1分で完了】

合わせて読みたい
タイトルとURLをコピーしました