簿記2級

簿記2級に1ヶ月で社会人が受かるための3ステップと注意点【資格保有者が解説】

スポンサーリンク
1ヶ月で受かる簿記2級
あなた
あなた

社会人が簿記2級に1ヶ月で受かる方法が知りたい…
独学でも合格できる?
1ヶ月(短期間)で合格するための注意点ってある?

こんな疑問を解消します。

結論、専門学校に入り、ひたすら勉強するしかないです。
ただ、1ヶ月あれば2級の合格可能性は十分にあります。

会社や業種によっては取得が必須になることも多い簿記2級
簿記の知識をもっているとビジネスに役立つ場面も多く、昇進や転職に有利に働くことも。

本記事では、

記事の内容
  • 簿記2級に1ヶ月で社会人が受かるための鉄板の3ステップ
  • 独学での合格は可能か
  • 簿記2級の専門学校を選ぶポイント
  • おすすめの簿記2級の専門学校
  • 1ヶ月(短期間)で合格するための注意点

を紹介します。

本記事を読むと、忙しい社会人の方が簿記2級に1ヶ月で合格できる方法を知ることができます

簿記2級の受験まで時間のない社会人の方は必見の内容となっています。

筆者
筆者

大丈夫です!
これから紹介する方法なら合格できます!

記事の信頼性

筆者は簿記の最上位資格である公認会計士資格保持者で簿記に精通するプロフェッショナルです。
大学生のころに日商簿記1,2,3級を取得しており、簿記2級の試験が実施されるたびに試験問題を解いて簿記2級の合格方法の分析をしています。

スポンサーリンク

簿記2級に1ヶ月で社会人が受かるステップ①:必要な勉強時間(現実)を知る

必要な勉強時間を知る

1つ目のステップとして、簿記2級に合格するために本来はどれくらいの時間が必要なのか、
今おかれている現実を知りましょう。

あなた
あなた

現実を知る…怖い響き…

簿記2級に合格するまでの平均的な学習時間は、
一般的に以下であるといわれています(ちなみに簿記3級をすでにもっている方が想定)。

  • 独学の場合:250~350時間
  • 専門学校や通信講座などを利用した場合:150~250時間

仕事や家庭の状況など、事情は人それぞれですので1日にとれる勉強時間は違うでしょう。
仮に平日は毎日3時間、土日は10時間勉強する時間をとったとしても、

  • 平日3時間×20日=60時間
  • 土日10時間×8日=80時間

で合計は140時間

あなた
あなた

最低勉強時間の150時間にも足りてないじゃん…
やっぱり1ヶ月で合格なんて無理か…

いえ、安心してください、そんなことありません。

一般的にいわれている勉強時間は3か月~6か月での中長期で毎日1、2時間コツコツ勉強していく人をさしています。

短期間で集中して勉強すれば、
以前やった範囲の記憶が鮮明なままで新しい範囲の学習ができるので、
その分だけ短い学習時間での合格が可能であるといわれています。

とはいえ、1ヶ月で合格するというのは簡単なことではないんだという認識をもちましょう。
適度な緊張感はモチベーションを上げます(過度に意識すると逆効果なので注意)。

筆者
筆者

油断は禁物ですが、
絶望する必要はありません!

独学で簿記2級に1ヶ月で社会人が合格することはできる?

独学で簿記に合格できる?
あなた
あなた

独学で受かるのは難しいかな?

独学での合格は基本的には無理です…。
上で説明したとおり、圧倒的に時間が足りません

独学での学習だと、

  • やらなくて良い範囲を勉強してしまう
  • 聞く人がいないから理解できないまま丸暗記になってしまう

といったようなことが起こり、効率性が落ちて時間がかかってしまいます。

あなた
あなた

独学じゃないならどうすればいいの?

1ヶ月という短期間で合格するのであれば、
短期間で効率的に学習できるカリキュラムで授業が受けられる簿記の専門学校の利用が必須です。

正直独学よりも費用はかかりますが、お金を払ってでも意味のあるほどに勉強の効率性が向上します。

こんな人は独学でもOK

こんな人は独学でもOK

基本的に独学での合格は難しいですが、

  • 大学で会計学を専攻していた
  • 会社で経理をやっている

こういった特徴をもっていて、
簿記の基本的な知識は頭に入っているという方は独学でも十分に合格可能性があります。

あなた
あなた

自分は当てはまらないかな…

という人は、独学は諦めて専門学校を利用しましょう。
さすがに1ヶ月で0から独学は難しいです。

簿記2級に1ヶ月で社会人が受かるステップ②:専門学校に入る

専門学校に入る

2つ目のステップは専門学校に入ること。
1つ目のステップで、いかに1ヶ月で独学で合格することが難しいのか分かっていただけているでしょう。

さすがに忙しい社会人の方が独学は難しいので、少しお金をかけてでも専門学校に入りましょう。

簿記2級の専門学校を選ぶ時のポイント

あなた
あなた

簿記の専門学校とか全然知らないな…
どういう基準で選べばいいんだろう?

簿記2級の専門学校は以下の基準で選びましょう。

  • しっかりとした実績がある
  • 公認会計士講座や税理士講座をもっている
  • Webで講義が受けられる
  • 講義時間が少ない

できあがったばかりで合格実績がほとんどない専門学校を選ぶのはリスクが高いので避けましょう。

専門学校が会計系の資格に強いのか見極めるには、
公認会計士講座や税理士講座をもっているかどうかをチェックしてください。

あなた
あなた

公認会計士や税理士って関係あるの?

あります。
公認会計士や税理士は簿記の最上位資格。
それらの講座をもっている学校であれば、簿記という学問に精通している学校と判断することができます。

また、忙しい社会人の方は絶対に通学ではなくWebで講義を受けられる学校を探しましょう。

あなた
あなた

なんでWeb講義?

社会人の方は仕事後に専門学校に通学している余裕はないですし、
Web講義なら倍速再生や早送りをすることができるので、授業を受ける時間を短くすることができます。

あなた
あなた

なるほど、専門学校の授業を自分のペースで受けられるんだ!

筆者
筆者

そういうことです!

そしてなるべく授業時間が短い学校が良いです。

あなた
あなた

授業時間が短いって大丈夫なの??

問題ありません。

このあとお話しますが、簿記2級の勉強で大事なのはインプットではなくアウトプット
問題を解くアウトプットの時間が十分にとれれば、
インプットの授業時間は必要最低限で大丈夫

簿記2級のおすすめの専門学校はクレアール

簿記のおすすめ専門学校はクレアール
  • 実績がある
  • 公認会計士講座、税理士講座がある
  • Webで講義が受けられる

という基準を満たしている専門学校の簿記2級の料金と講義時間は以下のとおり(2020年3月中は安いです)。

専門学校 簿記2級料金 講義時間
大原簿記学校 65,300円 97.5時間
TAC 75,000円 95時間
LEC 59,400円 80時間
クレアール 31,050円 46時間

どの学校にもしっかりとした実績があり、公認会計士講座・税理士講座をもっています。
もちろんすべてWeb講座。
そしてこの中で絶対的におすすめなのがクレアール

理由は見て分かる通り、圧倒的に安くて授業時間が短いから。

1ヶ月という短い学習期間を考えると、
いかに授業時間(インプット時間)を少なくして、
問題を解く時間(アウトプット時間)を多くするかが大事です。

クレアールであれば授業を全て受け終わったあとに十分に問題を解く時間をとれます。

またクレアールは他の専門学校と違い、通信(Web)講座のみの専門学校です。

他の3校は通学者に向けた授業を録画してDVDやWeb配信しているだけなんですが、
クレアールは完全にWebに特化した授業をしているのも魅力の1つ。

正直1ヶ月で社会人が簿記2級に合格するにはクレアール一択です。

あなた
あなた

確かに費用も安いし講義時間も短い!
でもどんな授業なのか気になるな…

という方はまずは資料請求してみましょう(下の画面の右側にある「資料請求」からできます)。
講義サンプルDVDも送ってくれるので、そちらでどんな授業か確認できます。

簿記検定クレアール

他の学校(ネットスクールやスタディング(Studyng))は?

あなた
あなた

他の専門学校ってどうなの?

おそらく簿記2級のWebスクールだと「ネットスクール」や「スタディング」が出てくると思いますが、
どちらの学校も公認会計士講座をもっていなくて、正直あまり会計系の資格には強くないイメージがあります。
全然ダメってことはないんですが、わざわざ選ぶ必要なないかな?という感じ。

簿記2級に1ヶ月で社会人が受かるステップ③:ひたすら勉強する

ひたすら勉強する

最後のステップはとにかく勉強しまくる

ステップ①で自分がとれる勉強時間をどれくらいか見積もってみて、
ステップ②で専門学校を決めたら、あとはひたすら勉強しまくるしかないです。

あなた
あなた

やっぱ最後はそうだよね…

筆者
筆者

こればっかりは試験勉強ですから…!

簿記2級に1ヶ月(短期間)で合格するための注意点

ひたすら勉強するときには、以下の2点に注意しましょう。

  • 試験問題を見る(今やっている単元がどう試験に出てくるか確認する)
  • 問題を解く(アウトプット)勉強をメインでする

絶対にやっていけないのがテキストを読んだり、授業を観ることに時間をかけること。
これらは典型的な短期間で合格しない人の特徴です。

あなた
あなた

え、テキスト読んだり授業を観るのも勉強じゃないの?

効果的な勉強ではありません

短い時間で合格するには、
今自分がやっている勉強が実際の試験問題でどうやって出てくるのかを確認しながら、
ひたすら問題を解くしかないです。

簿記の勉強は頭で覚えるのではなく、
手を動かして覚えるイメージの方が正解。

とにかく電卓をたたき、
仕訳を書き、
過去問を何回も解きましょう。

クレアールであれば授業が終わってから100時間弱はアウトプットの時間がとれるので、
かなり余裕をもって合格することも可能です。

あなた
あなた

何だか合格できそうな気がしてきた…!!!

日商簿記二級に1ヶ月で合格しよう!

まとめ

いかがだったでしょうか。

本記事で紹介した方法を実践いただければ、1ヶ月という短期間での合格も十分可能

まずはぜひクレアールに資料請求してみましょう。

他の簿記2級の記事もチェックしてみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました