サウナ

【危険】サウナに行く前に注意したい4つのポイント-こんな人は行っちゃダメ

スポンサーリンク
サウナの注意サウナ

サウナに行っちゃダメな人ってどんな人?

こんな疑問を解消します。

結論、サウナはしっかりタイミングを見極めて行きましょう。

自律神経がととのって心がリラックスできたり、血行が良くなって肩こりや腰痛が緩和したり、サウナは基本的に良いこと尽くめです(▶サウナに行く5つのメリットと3つのデメリット)。

しかし、そんなサウナに行っちゃダメなタイミングがいくつかあります。

この記事では

記事の内容
  • サウナに行く前に注意したい4つのポイント

を紹介し、

安全に楽しくサウナに入る方法をお伝えします!

サウナに行こうと思っているそこのあなた、ちょっと待って!この記事を読んで自分が当てはまっていないか確認していきましょう。

スポンサーリンク

サウナに行く前に注意したい4つのポイント

ポイント

サウナに行く前に注意したい4つのポイント(サウナに行ってはいけない人の特徴)は以下の通り。

サウナに行く前に注意したいポイント
  • 飲酒後は行かない
  • 食事の直後は行かない
  • 体調が悪いときや怪我をしているときは行かない
  • 妊娠しているときや特定の病気があるときは行かない

一つずつ説明していきます。

飲酒後はサウナに行かない

飲酒

飲酒したあとは絶対にサウナに行ってはいけません。

飲酒によってアルコールを摂取すると一時的に血管は広がり、血圧は下がります。

そのあとでサウナに入ると身体が温まることで、さらに血管が広がって血圧が下がります。

つまり、飲酒×サウナによってダブルパンチで血圧が低下することになるんです。

血圧が下がりすぎるとサウナ室の中で気を失ってしまう可能性もあり、高温なサウナ室の中で気を失ってしまったら重度の熱中症になってしまうリスクがあります。

サウナは酔い覚ましにならない

酔い覚ましにサウナでもいこうかな

と思っているそこのあなた!それ、間違ってます。

飲酒後にサウナに入ると血行がよくなり、むしろアルコールがよく回ることになります。

酔い覚ましどころか酔いを加速させることになるので、酔い覚ましとしてサウナに入ることは間違っています。

飲酒前にサウナに入るのはどうなの?

飲酒後にサウナに入るのは危険だとして、飲酒前にサウナに入るのはどうなのか?

これ、めちゃくちゃオススメです!

私は少し遅い時間から飲み会がスタートする場合、仕事後にまずサウナに入って、そのあとに飲み会にいくことがよくあります。

サウナに入って汗を流してからお酒を飲みと全然悪酔いしないし、二日酔いにもなりにくいんです!

えるも
えるも

ぜひ飲み会前サウナやってみてください!

注意

飲み会サウナに行く際は、
絶対にサウナで十分に水分をとってください!
身体が乾いている脱水状態で飲酒をするのは非常に危険です!

サウナでの飲み物はイオンウォーターがおすすめです(▶サウナでの飲み物はイオンウォーター!おすすめする4つの理由とは?)。

食事の直後はサウナに行かない

食事

食事の直後にサウナにいってはいけません。

食事後1時間程度は胃が全力で消化活動を行いますが、消化活動には全身の血液が胃袋に集中する必要があります。

サウナに入ってしまうと血行がよくなって全身に血が巡ってしまうので、しっかりと胃袋に血液が集まらず、消化不良を起こすおそれがあります。

これは結構サウナあるあるで、サウナ前にラーメンとか脂っこいものを食べていってしますと、サウナ室で消化不良によって気分が悪くなってしまうことが…。

目安として食事後1時間程度は時間を空けてサウナにいきましょう。

サウナ後のサウナ飯はめちゃくちゃ美味い

サウナに入ったあとは味覚が敏感になります。

サウナに入って大量の汗をかくとお腹も空くので、サウナ後のご飯ってめちゃくちゃ美味しんです!

なのでサウナにダイエット効果はありません。笑

サウナでいくら汗をかこうと、代謝が上がろうと、それを超えるサウナ後のご飯を食べてしまうはずです…。

体調の悪い時やケガをしている時はサウナに行かない

体調が悪い

風邪をひいていたり、ケガをしているときはサウナにいってはいけません。

軽い風邪であればサウナで治す!

と敢えて風邪の時にサウナに突撃するサウナーもいますが、重い風邪の時はさすがに無理です。笑

私も風邪気味の時はサウナで治しにかかる派です。重度の時も行ったことあるんですが、シンプルに気分悪くなりました…笑

ケガしているときは血行を良くしない方が良いので、お風呂に入っちゃダメなのと一緒でサウナにも入ってはいけません。

二日酔いとか、ちょっと体調悪い時こそ「ととのう」

こちらの記事(▶サウナでととのわない時の対処法)で、サウナでととのうための条件として体調が悪いことを挙げています。

ととのうためには体調が良すぎても悪すぎてもダメで、軽い二日酔いくらいの”少し体調悪い”くらいが一番のととのいやすいです。

ちょっとだけ体調が悪いときは、サウナに行くことを検討してみてください。

サウナでととのうって何?という人はこちらの記事をどうぞ。

▶サウナの快感「ととのう」とは?

妊娠しているときや特定の病気があるときはサウナに行かない

妊娠

妊娠をしている、特定の病気がある、こんな人はサウナに行く際には十分に注意しましょう。

主治医の方とよく相談し、サウナにいっても大丈夫か確認してください!

えるも
えるも

無理はダメです!

サウナに行く前には十分に注意しましょう!

まとめ

高温なサウナと低温な水風呂は身体への刺激も強く、十分な注意が必要です。

しっかりと準備して、心身ともに健康になりましょう!

他のサウナ記事も
ぜひチェックしてみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました