公認会計士

公認会計士の合格率10%にビビる必要ない3つの理由【現役会計士が教えます】

公認会計士
悩む人
悩む人

・公認会計士試験の合格率は
どれくらい?
・難しいの?

こんな疑問を解消します。

結論、
公認会計士試験の合格率は10%程度ですが、
ビビる必要は全くありません

  • 医者
  • 司法試験(裁判官/検察官/弁護士)

と並んで
国家三大資格に数えられる公認会計士

合格率も10%程度なので、

悩む人
悩む人

レベルが高い試験なのかな?

と思う方が多いんですが、
実はそんなことないんです。

本記事では、

記事の内容
  • 公認会計士試験の合格率
  • 公認会計士試験の合格率にビビる必要ない3つの理由
  • 公認会計士試験を目指す前にすべきこと

を紹介します。

公認会計士に興味のある方や、
公認会計士を目指して勉強している受験生の方は必見の内容です。

記事の信頼性

筆者は現役の公認会計士です。
本記事の内容は自身の実体験や
周りの会計士に取材した内容を基に執筆しています。

▼簿記3級講座が無料で受講できる▼

簿記3級の専門学校の授業(2万円相当)を無料で受講する方法が知りたい方はこちらの記事へどうぞ。
合わせて読みたい
>>簿記3級の専門学校の授業を無料で受講する方法【1分で完了】

公認会計士試験の合格率

公認会計士試験の合格率
悩む人
悩む人

公認会計士試験の合格率ってどれくらいなの?

直近5年の
公認会計士試験の合格率は以下のとおり。

年度合格率
2020年10.7%
2019年10.1%
2018年11.1%
2017年11.2%
2016年10.8%
公認会計士協会HPより

ひと昔前は一桁%の超難関試験でしたが、
最近では10%程度に落ち着いています。

悩む人
悩む人

10%って低いよね…
やっぱり難関資格だね…

と思われるかもしれないですが、
試験合格者の筆者からすると
合格率から受けるイメージと実態には結構な差があります。

筆者
筆者

10%ていう数字に
ビビる必要はないんです!

公認会計士試験の合格率10%にビビる必要ない理由

公認会計士試験の合格率10%にビビる必要ない理由

公認会計士試験の合格率10%に
ビビる必要のない理由は以下の3つ。

  • 10%は「20%と35%」の掛け合わせ
  • そもそも本気で挑戦している人が少ない
  • しっかり勉強して合格していない人を見たことがない
筆者
筆者

簡単にそれぞれ説明していきます!

公認会計士試験の合格率10%にビビる必要ない理由①:10%は「20%と35%」の掛け合わせ

10%は「20%と35%」の掛け合わせ

公認会計士試験の合格率は10%程度ですが、
実はこれは20%と35%を掛け合わせた数字です。

悩む人
悩む人

どういうこと?

公認会計士試験は2次試験方式で、

  • 1次試験:短答式試験
  • 2次試験:論文式試験

という2つの試験を突破する必要があります。

「合格率10%」というのは
この2つの試験の合格率を掛け合わせたものなんです。

筆者
筆者

それぞれの合格率は以下のとおり。

年度1次合格率2次合格率合算合格率
2020年22.1%35.9%10.7%
2019年22.6%35.3%10.1%
2018年25.7%35.5%11.1%
2017年22.6%37.2%11.2%
2016年21.8%35.3%10.8%
公認会計士協会HPより

直近5年間でいうと、
1次試験の短答式試験の合格率は20%強
2次試験の論文式試験の合格率は35%強で、
それぞれを掛け合わせた結果が10%程度となっています。

悩む人
悩む人

そういう計算式なんだね!

「合格率10%」だと難しく感じますが、
それぞれの試験ごとにみると意外と合格率高いと感じませんか?

筆者
筆者

一次は5人に1人
二次は3人に1人以上
合格ですよ?

特にハードルが高いのは一次試験ですが、
逆に一次試験さえ通ってしまえば合格は目の前です。

筆者
筆者

これは受験生あるある。
「一次さえ通れば」というのは
みんな思います

私自身、一次試験に通るのは大変でしたが、
二次試験の突破はラクでした。

二次試験の勉強って守りが大事で、
簡単な問題を落とさないようにすれば合格できるんですよ。

受験勉強を始めて試験の全体像が見えるようになってからは

筆者
筆者

短答さえ受かれば
会計士試験は簡単だわ

と周りに話していましたね。

実際勉強を始めれば、
私の言っていることが理解できるはずです。

公認会計士試験の合格率10%にビビる必要ない理由②:そもそも本気で挑戦している人が少ない

そもそも本気で挑戦している人が少ない

そもそも論なんですが、
資格試験の合格率と難易度は関係ないんです。

悩む人
悩む人

え、なんで??

理由は単純で、
受験生の全員が本気で勉強してくるわけじゃないから。

特に公認会計士試験の1次試験には
受験要件というものが存在しないので、
誰でもお金さえ払えば受験できます。

なので試験会場に行くと

  • そもそも会場に来ていない人
  • 試験始まってすぐに寝る人(ちゃんと解いてない)
  • 計算科目なのに電卓を出さない人(ちゃんと解いていない)
  • ぱっと見で勉強していないのが分かる人

めっちゃくちゃたくさんいます。

悩む人
悩む人

ぱっと見て

勉強していないってわかるの?

分かります。

特に分かりやすいのは電卓ですね。
桁数が少ないとか、
日割り機能がついてないとか、
ぱっと見で本気の受験生かどうかわかりますよ。

筆者
筆者

本気の人が全然いなくて
びっくりしますよ。

そもそも空席ばっかりですし

本気の受験生が少ないのは当然で、
公認会計士試験って合格水準に届くまでに
少なくとも3,500時間程度の勉強時間が必要といわれている試験なんですよね。

普通に考えて、
そんなたくさんの勉強を
試験を申し込んだ人全員ができてるわけないじゃないですか。

筆者
筆者

1日10時間の勉強を
1年間継続ですからね…

だから「一次試験の合格率20%」と聞いて

悩む人
悩む人

5人に1人しか受からないくらい難しいのか…

というは間違い

私の受験生時代の体感としては、
本気で勝負に来ている人なんて半分もいないですね。

なので実際は2人に1人以上は
短答式試験を突破できている
と感じます。

筆者
筆者

合格率に惑わされないで!
ちゃんと勉強すれば
全然チャンスあります

公認会計士試験の合格率10%にビビる必要ない理由③:しっかり勉強して合格していない人を見たことがない

しっかり勉強して合格していない人を見たことがない

私は大学生の頃から公認会計士を目指し、
数年間受験生をしていたので

  • 大学の研究会
  • 専門学校の公認会計士講座

に山ほど会計士受験生の知り合いがいます。

筆者
筆者

リアルに150人以上は
受験生を近くでみてきました

もちろん知り立った全員が
公認会計士試験に合格している
わけではありませんが、
これだけは断言できるのは、

しっかと勉強していた人は
99%が公認会計士になっている

ということ。

悩む人
悩む人

本当に!?

いや本当なんですよねこれ。

私の経験では、
真面目に10時間程度毎日勉強して
それでも結局受からなった人は過去に1人だけです。

難関資格だから全員が合格できるわけない
と思われるかもしれないんですが、
ちゃんと勉強していた人で落ちた人って本当にいないんです。

筆者
筆者

150人に1人なので

99%以上は
合格しています

ただ注意してほしいのは、
しっかりと勉強せずに受かる人も見たことないです。

悩む人
悩む人

ラッキー合格
みたいなのはないの?

ないんですよねこれが。

めっちゃ頭の回転が早いし
要領がよくてなんでもこなせる人も、
公認会計士試験の前では無力です。

そういう点では
公認会計士試験はとても平等

  • 努力した人→合格する
  • 努力しない人→合格しない

という非常にシンプルな試験になっています。

筆者
筆者

愚直に努力すれば
合格できます

なので「合格率10%」というのは
私的には嘘の数字で、

しっかり勉強した人の合格率は99%

というのが公認会計士試験の本当の合格率です。

公認会計士試験を目指す前にすべきこと

公認会計士試験を目指す前にすべきこと
悩む人
悩む人

公認会計士に興味あるかも…

という人は

  • クレアール
  • CPA会計学院

という2つの公認会計士の専門学校へ資料請求をしましょう。

悩む人
悩む人

なんで??

筆者
筆者

簡単に説明しますね

公認会計士を目指す前にすべきこと①:クレアールへ資料請求

クレアールへ資料請求

クレアールに資料請求をすると、
公認会計士試験非常識合格法
という本を無料で送ってくれるんですが、
これがなかなかの良書なんです。

悩む人
悩む人

どんな本なの?

簡単にいうと、
さくっと読めるボリュームで

  • 公認会計士はどんな仕事
  • 公認会計士試験はどんな試験

を理解できる本です。

特に第1章の「公認会計士試験の実像を知る」では今回の記事に似た内容を別の観点も交えて紹介されているのでより試験への理解度が上がりますよ。

とにかく「公認会計士とは何か」を知りたいならこれを読め!って感じですね。

\今なら無料です/

一つ注意してほしいのは、
↓の「公認会計士試験非常識合格法書籍」へのチェックを忘れないようにしてください。

公認会計士専門学校クレアールへの資料請求
筆者
筆者

ここのチェック忘れると
肝心の本が届かないので

\1分で注文完了します!/

合わせて読みたい
>>「公認会計士試験非常識合格法」を現役会計士がガチレビュー

公認会計士を目指す前にすべきこと②:CPA会計学院へ資料請求

CPA会計学院へ資料請求

クレアールだけじゃなく
CPA会計学院への資料請求も絶対にしましょう。

悩む人
悩む人

なんで?

CPA会計学院に資料請求をすると
無料で簿記3級の授業(2万円相当)を受けることができます。

簿記は公認会計士試験の始まりです。
簿記の勉強をすれば公認会計士への向き不向きが分かるので、まずは簿記3級の授業を受けてみて

悩む人
悩む人

この勉強なら続けられるかな

と思ったら公認会計士を目指しましょう!

\今なら無料/
筆者
筆者

これも

受けておかないと
損ですよ!

他にも目指す前にしておきたい準備を
こちらの記事で紹介しているのでぜひ見てみてください。
合わせて読みたい
>>公認会計士を目指す前にやるべき5つの準備【コレだけでOK】

公認会計士試験の合格率にビビるな!勉強すればだれでも受かる!

まとめ

公認会計士試験は努力さえできれば
誰でも合格可能性のある単純で平等な試験です。

悩む人
悩む人

合格率10%か…

ビビる必要は全くないので、
興味のある方はぜひぜひ公認会計士を目指しましょう!

▼人気書籍が無料でもらえる▼

▼簿記3級授業が無料で受けられる▼

合わせて読みたい
タイトルとURLをコピーしました