公認会計士

公認会計士になる5つのメリットと3つのデメリット【公認会計士が解説】

公認会計士になるメリット・デメリット公認会計士

公認会計士になるメリットと
デメリットってなに?

こんな疑問を解消します。

結論、公認会計士はデメリットを考慮しても目指す価値のある仕事です。

弁護士・医者に並んで国家三大資格の一つに数えられる公認会計士

合格までの平均学習時間は2年~4年、
専門学校の費用は60万円程度かかるので、
軽い気持ちで受験に踏み出せない方も多いです。

そこで本記事では、現役の公認会計士の筆者

記事の内容
  • 公認会計士になる3つのデメリット
  • 公認会計士になる5つのメリット

を紹介します。

本記事を参考にすると、公認会計士になる魅力が分かります。
公認会計士に興味のある方は必見の内容です。

記事の信頼性

筆者は現役の公認会計士です。
本記事は実体験に基づくリアルな内容を紹介しています。

公認会計士になるデメリット

公認会計士になるデメリット
筆者
筆者

まずはデメリットから!

公認会計士になるデメリットは以下のとおり。

簡単に一つずつ説明していきます!

公認会計士になるデメリット①:監査や経理の仕事が面白くない

監査や経理

公認会計士の独占業務である監査や経理の仕事は地味なので、

公認会計士の仕事は面白くないよ

という人も多いです。

ただ公認会計士試験合格後に数年働いた後の選択肢として

  • 大手事業会社で経理・財務
  • コンサルティング
  • ベンチャー系企業のCFO
  • 税理士業務

などを選ぶことができるので、
面白くないと感じたならすぐに辞めれば良いだけの話ですね。

筆者
筆者

つまらないと思いながら
その仕事を続ける必要はないです

合わせて読みたい
>>公認会計士の仕事内容は?

公認会計士になるデメリット②:一生勉強がつきまとう

一生勉強

会計基準や税制は毎年、
なんらかしらのアップデートがあります。

クライアントに

クライアント
クライアント

今回の会計基準の改正は
どういう影響があるんですか?

と聞かれることもしばしばあるので、
プロとして対応できるように勉強し続けることが必須です。

公認会計士試験に合格した後も会計の勉強は一生続くので、会計という学問が嫌いな人にはデメリットですね。

筆者
筆者

そういう会計が嫌いな人は
そもそも公認会計士に向いてないですけどね

合わせて読みたい
>>【知っておきたい】公認会計士に向いている人の特徴5選

公認会計士になるデメリット③:AIに仕事を奪われる可能性がある

AIに奪われる

公認会計士の仕事には作業的なものも多く、
AIに仕事を奪われる可能性があるともいわれています。

筆者
筆者

確かにAIでできる部分もあります

しかし、なくなる可能性がある仕事は作業的なものばかりで、
公認会計士として一番世の中に求められている「専門家としての判断」は絶対になくならないです。

公認会計士の仕事の根幹は「ただのお金の計算」ではないので、AIに奪われる心配はないです。

合わせて読みたい
>>公認会計士はAIに代替される?将来性は大丈夫?

公認会計士になるメリット

メリット

公認会計士には
どんなメリットがあるの?

公認会計士になるメリットは以下の5つ。

筆者
筆者

1つずつ説明します!

公認会計士になるメリット①:年収(給料)が高い

給料が高い

2020年3月に厚生労働省が出している
賃金構造基本統計調査によると、
20~65歳の公認会計士の平均年収は1,010万円です。

1年目の初任給は500~650万円といわれているので、一般企業の社員と比べるとかなり高いです。

合わせて読みたい
>>公認会計士の年収はどれ位?平均年収や初任給を会計士が解説

金額ではなく、ストレスがないというのがポイント

社会人1年目で550万円くらい稼ぐ人はそこまで珍しくなくて

  • 外資系コンサル・投資銀行
  • 広告
  • 不動産営業
  • 起業家

といった職業でも稼げるんですが、
共通しているのはどの職業もストレスがすごいこと。

それに対して公認会計士の仕事って、
ストレスが全然ないんですよね。

会計士の仕事はクライアント先に行って

クライアント
クライアント

先生、本日はご足労いただきありがとうございます

とか言われてお茶を出されて、
クライアントの財務書類に目を通してミスを見つけたら指摘するだけですからね。

筆者
筆者

ゆるく働きつつ高年収が実現できるんです

合わせて読みたい
>>公認会計士になったら年収1,000万円余裕で超えた話【実体験】

公認会計士になるメリット②:社会的地位がある

社会的地位

公認会計士は社会的信用力があるので、
家や車を買う時のローンは一瞬で通ります

また、社交の場で

筆者
筆者

公認会計士です

と言えばそれだけでまともな人認定してくれるので、異業種交流のような場では重宝します。

外国人にも通じる

ほとんどの公認会計士が最初に勤める4大監査法人はどこもグローバル企業なので、
外国人の方に社名を言っても通じます。

4大監査法人
  • EY(新日本)
  • Delloite(トーマツ)
  • PwC(あらた)
  • KPMG(あずさ)

特にアメリカやヨーロッパの人の認知度は高いですね。

男性であればモテる

公認会計士はモテるの?

という質問もよくされますが、
婚活市場において公認会計士はめちゃくちゃモテます

  • 給料高い
  • 安定している
  • 異動ない

などもモテ要素ばっかりですからね。

筆者
筆者

女性の場合はモテまるくってことはないみたいです

合わせて読みたい
>>公認会計士がモテる5つの理由

公認会計士になるメリット③:安定している

安定

公認会計士になれば監査法人に就職できますし、上場企業の経理部や財務部に入ることも簡単です。

色々な会社に行ける選択肢があるので
職に困ることはなく、めちゃくちゃ安定します。

英語が身に付く場合も

外資系クライアントを担当すると強制的に英語を使うことになるので、
それきっかけで英語を勉強したりする人も多いです。

海外への駐在のチャンスもあって、

  • ニューヨーク
  • ボストン
  • オランダ
  • ロンドン
  • シンガポール

といった海外オフィスで働くこともできます。

公認会計士になるメリット④:税理士になれる

税理士

公認会計士の資格を取ると税理士資格もついてくるので、税理士としての業務もすることができます。

公認会計士と税理士は専門領域が違いますが、
公認会計士は大企業を相手に仕事をしており、
税理士は個人や中小企業を相手に仕事をしているイメージです。

合わせて読みたい
>>公認会計士と税理士の違いを両資格保持者が解説【難易度/年収/仕事内容の違いなど

行政書士にもなれる

公認会計士の資格をとると行政書士もついてきます。

が、行政書士として仕事をしているって人には会ったことがないです。

筆者
筆者

会計と法律って全然エリアが違いますからね…

合わせて読みたい
>>行政書士とは?仕事内容を簡単にわかりやすく解説【司法書士との違い/3分で読める】

公認会計士になるメリット⑤:自由

フリー

独立もできる、税理士にもなれる、監査法人にいってもいい。

パソコン1台あればできる仕事なので、
働き方も自由なところが多く、
在宅ワークや時間調整もしやすいです。

会社に勤めて縛られるのが嫌だ!

こんな人にはピッタリの職業だと思います。

私もそういうタイプで、
結果させしっかり出せば自分の好きなように働かせてもらえる職場なので本当に楽です。

合わせて読みたい
>>公認会計士とったら社畜になるどころか自由な人生を手にできた話【体験談】

公認会計士を目指す前にすべきこと

公認会計士試験を目指す前にすべきこと

ここまでの内容を読んで

悩む人
悩む人

公認会計士に興味あるかも…

という人は

  • クレアール
  • CPA会計学院

という2つの公認会計士の専門学校へ資料請求をしましょう。

悩む人
悩む人

なんで??

筆者
筆者

簡単に説明しますね

公認会計士を目指す前にすべきこと①:クレアールへ資料請求

クレアールへ資料請求

クレアールに資料請求をすると、
公認会計士試験非常識合格法
という本を無料で送ってくれるんですが、
これがなかなかの良書なんです。

悩む人
悩む人

どんな本なの?

簡単にいうと、
さくっと読めるボリュームで

  • 公認会計士はどんな仕事
  • 公認会計士試験はどんな試験

を理解できる本です。

とにかく「公認会計士とは何か」を知りたいならこれを読め!って感じですね。

筆者
筆者

メリットについても
もっと具体的に知れます!

\今なら無料です/

一つ注意してほしいのは、
↓の「公認会計士試験非常識合格法書籍」へのチェックを忘れないようにしてください。

公認会計士専門学校クレアールへの資料請求
筆者
筆者

ここのチェック忘れると
肝心の本が届かないので

\1分で注文完了します!/

合わせて読みたい
>>「公認会計士試験非常識合格法」を現役会計士がガチレビュー

公認会計士を目指す前にすべきこと②:CPA会計学院へ資料請求

CPA会計学院へ資料請求

クレアールだけじゃなく
CPA会計学院への資料請求も絶対にしましょう。

悩む人
悩む人

なんで?

CPA会計学院に資料請求をすると
無料で簿記3級の授業(2万円相当)を受けることができます。

簿記は公認会計士試験の始まりです。
簿記の勉強をすれば公認会計士への向き不向きが分かるので、まずは簿記3級の授業を受けてみて

悩む人
悩む人

この勉強なら続けられるかな

と思ったら公認会計士を目指しましょう!

\今なら無料/
筆者
筆者

これも

受けておかないと
損ですよ!

他にも目指す前にしておきたい準備を
こちらの記事で紹介しているのでぜひ見てみてください。
合わせて読みたい
>>公認会計士を目指す前にやるべき5つの準備【コレだけでOK】

メリットデメリットを理解し公認会計士を目指そう!

まとめ

公認会計士の勉強は大変ですが、
それに見合うだけのリターンは十分にあります。

合わせて読みたい
>>公認会計士試験の難易度は?税理士との比較や独学の合格可能性

一時期は大変ですが資格さえとってしまえば自由な人生が手に入る素晴らしい資格ですので、
興味のある人はまずは簿記の勉強から始めましょう!

それでは!

▼動画はこちら▼

合わせて読みたい
タイトルとURLをコピーしました