公認会計士

公認会計士になる5つのメリットと3つのデメリット【公認会計士が解説】

公認会計士になるメリット・デメリット公認会計士

公認会計士になるメリットと
デメリットってなに?

こんな疑問を解消します。

結論、公認会計士はデメリットを考慮しても目指す価値のある仕事です。

弁護士・医者に並んで国家三大資格の一つに数えられる公認会計士

合格までの平均学習時間は2年~4年、
専門学校の費用は60万円程度かかるので、
なかなか軽い気持ちで受験に踏み出せない方も多いです。

本記事では、現役の公認会計士の筆者

記事の内容
  • 公認会計士になる3つのデメリット
  • 公認会計士になる5つのメリット

を紹介します。

本記事を参考にすると、公認会計士になる魅力が分かります。

公認会計士に興味のある方は必見の内容です。

公認会計士になるデメリット

公認会計士になるデメリット
筆者
筆者

まずはデメリットから!

公認会計士になるデメリットは以下のとおり。

公認会計士になるデメリット
  • 監査や経理の仕事が面白くない
  • 一生勉強がつきまとう
  • AIに仕事を奪われる可能性がある

一つずつ説明していきます。

公認会計士になるデメリット①:監査や経理の仕事が面白くない

監査や経理

監査や経理の仕事は地味なので、
あまり面白くないという人も多いです。

そういう人は
コンサルへ転職することが多いですね。

公認会計士になるデメリット②:一生勉強がつきまとう

一生勉強

会計基準や税制は毎年、
なんらかしらのアップデートがあります。

クライアントに

クライアント
クライアント

今回の会計基準の改正は
どういう影響があるんですか?

と聞かれることもしばしばあるので、
プロとして対応できるように
勉強し続けることが必須です。

でもこれは公認会計士だけに限らず、
プロとして仕事するなら当然のことですが。

公認会計士になるデメリット③:AIに仕事を奪われる可能性がある

AIに奪われる

公認会計士や税理士がしている仕事には
作業的なものも多く、
AIに仕事を奪われる可能性があるとも
いわれています。

個人的にも同意で、
半分以上の作業はなくなるでしょうね。

なくなる可能性があるのは作業的なものばかりなので、
ぜひなくなってほしいです。

公認会計士としての
専門的な判断のみが問われるのは
むしろ望ましいことですから。

公認会計士になるメリット

メリット

公認会計士には
どんなメリットがあるの?

公認会計士になるメリットは以下の5つ。

公認会計士になるメリット
  • 年収(給料)が高い
  • 社会的地位がある
  • 資格をもっているだけで職に困ることがない(安定する)
  • 税理士になれる
  • 自由がある

1つずつ説明します!

公認会計士になるメリット①:年収(給料)が高い

給料が高い

公認会計士の平均年収は1,018万円です(厚生労働省 賃金構造基本統計調査2016~2018年平均値より)。なお、試験合格者1年目の監査法人初任給は30~35万円(年収ベースで550万円前後)で、一般的な新卒採用の初任給20.6万円と比較しても非常に高い給与水準となっています。

資格の学校TAC

公認会計士受験でも有名な資格の学校TACによれば、公認会計士の平均年収は1,018万円、
1年目でも年収550万円ということで一般企業の社員と比べるとかなり高いです。

ちなみに監査法人というのは公認会計士だけで構成される会社で、
ほとんどの人は合格したらまず監査法人に入ります。

公認会計士の年収について詳しく
知りたい方はこちらの記事をどうぞ。
▶公認会計士の年収はどれ位?平均年収や初任給を会計士が解説

金額ではなく、ストレスがないというのがポイント

社会人1年目で550万円くらい稼ぐ人はそこまで珍しくないです。

  • 外資系コンサル・投資銀行
  • 広告
  • 不動産営業
  • 起業家

などなど。だけどどの職業もストレスがすごい…。

監査法人がやっている仕事って、いうなればお役所仕事なのでストレスがないんです。

クライアント先に行って

クライアント
クライアント

先生、本日はご足労いただきありがとうございます

とか言われてお茶を出されて、
クライアントの財務書類に目を通してミスを見つけたら指摘するだけですからね。

公認会計士になるメリット②:社会的地位がある

社会的地位

公認会計士は社会的信用力があるので、家や車を買う時のローンは一瞬で通ります(最近は買う人減ってますが)。

また、社交の場で

えるも
えるも

公認会計士です!

と言えばそれだけでまともな人認定してくれるので、異業種交流のような場では重宝します。

外国人にも通じる

ほとんどの公認会計士が最初に勤める4大監査法人はどこもグローバル企業なので、外国人の方に社名を言っても通じます。

4大監査法人
  • EY(新日本)
  • Delloite(トーマツ)
  • PwC(あらた)
  • KPMG(あずさ)

特にアメリカやヨーロッパの人の認知度は高いですね。

私も4大の1つに所属していますが、マルタへ留学にいったときには韓国オフィスの女の子がクラスにいたりして、それきっかけで仲良くなりました。

えるも
えるも

グローバル企業ってのはマジだったんだなー

と驚きました。疑っていたわけではないですが。笑

男性であればモテる

特に婚活市場において公認会計士はめちゃくちゃモテます。

給料高いし、安定しているし、会社の異動で地方に行くこともないし、真面目な人が多いので。

一方女性はモテません…。自分より給料高くて社会的地位のある女性を好む男性はあまり多くないので…。

公認会計士になるメリット③:安定している

安定

公認会計士になれば監査法人に就職できますし、上場企業の経理部や財務部に入ることも簡単です。

色々な会社に行ける選択肢があるので職に困ることはなく、めちゃくちゃ安定します。

転職もしやすい

監査法人は非常に入れ替わりの激しい会社で、毎年多くの人が転職していきます。

転職を前提でみんな監査法人に入ってくるので変な引き留めとかもないです。

転職先として多いのは

  • コンサル
  • ファンドマネージャー
  • CFO
  • 税理士法人
  • 財務・経理
  • 一般企業の内部監査

が多いですね。独立開業する人も割といます。

英語が身に付く場合も

外資系クライアントを担当すると強制的に英語を使うことになるので、それきっかけで英語を勉強したりする人も多いです。

海外への駐在のチャンスもあって、ニューヨーク、ボストン、オランダ、ロンドン、シンガポールあたりのオフィスで2年くらい働くこともできます。

海外で働いていた経験があると転職の時により選択肢は広がります。

公認会計士になるメリット④:税理士になれる

税理士

公認会計士の資格を取ると税理士資格もオマケでついてくるので、税理士としての業務もすることができます。

公認会計士と税理士は専門領域が違いますが、公認会計士は大企業を相手に仕事をしており、税理士は個人や中小企業を相手に仕事をしているイメージです。

「公認会計士・税理士事務所」という名前で事務所をやっているところは、公認会計士の人が税理士資格を使って仕事しているパターンです。

公認会計士と税理士の違いは
こちらの記事で紹介しています。
▶公認会計士と税理士の違いを両資格保持者が解説【難易度/年収/仕事内容の違いなど】

行政書士にもなれる

公認会計士の資格をとると行政書士もオマケでついてきます。が、行政書士として仕事をしているって人には会ったことがないです。

会計と法律って全然エリアが違いますからね…。

公認会計士になるメリット⑤:自由

フリー

独立もできる、税理士にもなれる、監査法人にいってもいい。

パソコン1台あればできる仕事なので、働き方も自由なところが多く、在宅ワークや時間調整もしやすいです。

会社に勤めて縛られるのが嫌だ!

こんな人にはピッタリの職業だと思います。

私もそういうタイプで、結果させしっかり出せば自分の好きなように働かせてもらえる職場なので本当に楽です。

メリットデメリットを理解し公認会計士を目指そう!

目指す

公認会計士になるのは簡単ではないですが、それに見合うだけのリターンは十分にあります。

公認会計士試験の難易度は
こちらで詳しく紹介しています。
▶公認会計士試験の難易度は?税理士との比較や独学の合格可能性

少しでも気になる方は、試しにクレアールという専門学校に資料請求してみましょう。
今なら公認会計士試験非常識合格法という書籍を無料で送ってくれます(しかもメルカリで売れる)。
試験の内容もざっくりと理解できる良書ですよ。

\今なら無料です/

大学の在学中にとることも十分に可能な資格ですので、大学生の方はぜひ目指してみてください。
ダブルスクールについてはこちらの記事でも紹介しています(▶公認会計士のダブルスクールって大変?いつから通うの?費用は?独学で受かる?)。

他の公認会計士記事も
よければチェックしてみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました