公認会計士

監査法人ってどうなの?年収や職場環境を会計士がぶっちゃけるよ

スポンサーリンク
監査法人公認会計士

監査法人ってどんな感じ?
ぶっちゃけベースで色々知りたい!

こんな疑問を解消します。

公認会計士の約8割が就職する監査法人
知名度が高くないので、
仕事内容や職場の雰囲気などの想像がつきにくい法人です。

そこで本記事では、

記事の内容
  • 監査法人とは
  • 仕事内容と身につくスキル
  • 監査法人の年収
  • 監査法人の職場環境(残業・有給・ハラスメントなど)
  • 監査法人への就職のしやすさ

を紹介します。

本記事を読めば、
監査法人がどんな職場なのかを理解することができます。

監査法人に興味のある方は必見の内容です。

記事の信頼性

筆者は監査法人に5年以上勤務している現役の公認会計士です

公認会計士とは?
という方はこちらの記事をどうぞ。
▶公認会計士とは?わかりやすく簡単に解説【3分で読める】

スポンサーリンク

監査法人とは?四大監査法人(Big4)とその他

監査法人とは?

監査法人ってなんなの?

ウィキペディアによれば監査法人とは、

監査法人(かんさほうじん)とは、他人の求めに応じ報酬を得て、財務書類の監査又は証明を組織的に行うことを目的として、公認会計士法34条の2の2第1項によって、公認会計士が共同して設立した法人をいう(公認会計士法1条の3第3項)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A3%E6%9F%BB%E6%B3%95%E4%BA%BA

簡単に言えば公認会計士法人ですね。

弁護士には弁護士法人があり、
税理士には税理士法人があるように、
公認会計士には監査法人があるイメージ。

監査法人には四大監査法人(Big4)とその他がある

監査法人には四大監査法人(Big4)
と言われる大手の会社が4つあります。

4つとも世界的な会計事務所と
提携しており、

  • EY(新日本と提携)
  • KMPG(あずさと提携)
  • デロイト(トーマツと提携)
  • PwC(あらたと提携)

の名前は世界的にも通用します。

監査法人には四大の他に中小監査法人があり、
日本公認会計士協会に登録している法人数は
100以上あります。

そんなにあるんだ!?

筆者
筆者

公認会計士が5人いれば
設立できるので
割と簡単に開業できます

有名な中小監査法人はこのあたり。

ほとんどの方は四大監査法人に就職し、
中小へは就職活動をしない方も多いです。

みんな四大に入れるの?

筆者
筆者

入れます!
監査法人は人手不足なので!

監査法人の仕事内容と身につくスキル

監査法人の仕事内容と身につくスキル

監査法人の仕事内容と、
仕事を通じて身につくスキルを紹介します。

監査法人はどんな仕事をするのか(監査やアドバイザリー)

監査法人ってどんな仕事をするの?

監査法人では

  • 財務諸表の監査
  • 内部統制の監査
  • 会計/内部統制のアドバイザリー

などをし、
プロとして会社業務のチェックをするのが主な仕事です。

監査法人で身につくスキル

どんなスキルが身につくの?

ワードやエクセルなどの基本的なツールは
触れるようになりますし、
社内外のミーティングなども多いので
パワーポイントを使ったプレゼンスキル等、
一般的な社会人スキル全般は身に付きます。

また、色々な会社の

  • 経理/財務
  • 内部監査

を仕事を通じて細かくチェックするので、
自ずと経理/財務や内部監査業務の知識は身に付きます。

筆者
筆者

経理や財務に転職する人はかなり多いですね

監査法人の仕事内容は楽しいのか

監査法人って楽しいの?

とよく聞かれますが、
基本的につまらないですね。

つまらないの!?

私自身は面白い仕事ばかりを選んでいるので
楽しく仕事をしていますが、

積極的に動いて楽しい仕事を選ばないと
単純作業の繰り返しになりがち。

会計士
会計士

監査法人つまんない!

といって転職する人も多いですね。

筆者
筆者

結局人によります

監査法人の年収や福利厚生

監査法人の年収や福利厚生

監査法人のお金面はどんな感じ?

みんな大好きお金の話。
年次ごとの年収や福利厚生を紹介します。

監査法人の年次ごとの年収

法人にもよりますが、監査法人には

  • スタッフ(S)
  • シニアスタッフ(SS)
  • マネージャー(M)– ここから管理職
  • シニアマネージャー(SM)
  • パートナー(P)

といった職階が存在します。

筆者
筆者

法人によっては
SAとMの間やSMとPの間に
もう一つ職階があったりするよ

各職階は大体3~4年で上がっていくので、
大体8年前後で管理職になるイメージです。

筆者
筆者

スタッフ4年やって
シニアマスタッフ4年やって
マネージャー!みたいな

職階ごとの年収はざっくり、

  • スタッフ:600万円~
  • シニアスタッフ:800万円~
  • マネージャー:1,000万円~
  • シニアマネージャー:1,200万円~
  • パートナー:1,500万円~

といわれてますが、体験談や
上司に聞いた感じはもう少し良いです。

私はスタッフの時に800万円超えてましたし
マネージャーになる前に1,000万円超える人もちょこちょこいます。

筆者
筆者

20代後半~30歳前半に
1,000万円くらいですね

監査法人の初任給

監査法人1年目の年収は500~650万円くらい。

大卒1年目にしてはかなり良いほうですね。

監査法人の福利厚生

大手だから福利厚生は良いの?

と思うかもしれないですが、
監査法人の福利厚生は皆無といっていいです。

あるのは交通費くらいで、
家賃補助とかは全くないです。

筆者
筆者

年収は高いですが、
福利厚生も含むと
最初は一般の大手企業と
変わらないですね

公認会計士資格があれば一般企業への
就職も楽なので、
福利厚生の良い会社に就職もアリですね。

筆者
筆者

たとえば航空会社に転職して
飛行機乗り放題!とかね

監査法人の職場環境

監査法人の職場環境

監査法人の働きやすさはどんな感じ?

結論からいうと監査法人はホワイトです。
残業や有給の取得状況など紹介します。

監査法人の残業の実態

監査法人って忙しいの?

忙しいですが、季節性があります

日本の会社は3月末決算が多く、
外資系企業は12月末決算が多いので、
決算後の1~3月と4~6月割と忙しいです。

忙しいってどれくらい?

人にもよりますが、
月100時間残業する人もいたりますね。

かなり忙しいね…

監査法人に勤めるなら
決算期の忙しさは避けられないですね…。

ただサービス残業は全くないので、
働いた分はしっかりとお金をもらえます

筆者
筆者

しっかりとお金はもらえますし
残業しない契約にもできるので
一般的にはホワイトですね

監査法人の有給休暇の実態

そんなに忙しいと
有給もとれないの?

有給はめちゃくちゃとれます

普通の企業では考えられないことですが、
2週間~1ヶ月程度続けて休むことも可能で、
海外へバカンスにいく人もチラホラ。

筆者
筆者

あの人は1ヶ月休む!
というキャラ付けができれば
長く休めます!

監査法人のセクハラ・パワハラ状況

ぶっちゃけ監査法人の
ハラスメント状況はどうなの?

なくはないですが、極めて少ないですね。

あるはあるんだ…

ありますが、かなり少ないです。

監査法人に勤める公認会計士って
楽に転職できるので、
ハラスメントがあるとすぐに辞めちゃうんですよね。

上の人たちは若い人が辞めると困るので、
かなり下の人たちに気を遣っています。

監査法人の組織風土

監査法人の組織風土はかなりドライです。

コンサルティング会社も似ていますが、

  • みんな簡単に辞める
  • 一人一人がプロフェッショナル

という組織は一人一人が独立して
ドライな雰囲気になりがちです。

なので正直、教育も薄いですね。

筆者
筆者

教えても来年辞めちゃうかもな~

とか思うと、
全然教える気にならないんですよね。

ドライな分、転職はかなりしやすいです。
強い引き留めとかないので。

監査法人への就職のしやすさ

監査法人への就職のしやすさ

監査法人へは、

  • 公認会計士試験合格者
  • USCPA(米国公認会計士)合格者

であれば楽に就職できます。

公認会計士は常に人手不足なので、
コミュニケーション能力が低かったり、
ある程度年齢がいってても問題ないです。

監査法人への就職・転職におすすめのサイト

監査法人への就職・転職は
以下のエージェントがおすすめです。

常に四大監査法人の募集があるので、
興味がある方は登録してみてください。

筆者
筆者

私もすべて登録しています

おすすめエージェント①:マイナビ会計士

マイナビ会計士

超大手求人広告企業のマイナビが
公認会計士・USCPA用に展開している
マイナビ会計士

大手ならではの幅広い案件数と
フォローアップが人気で、
登録しておいて間違いのないエージェントサイトです、

おすすめエージェント②:MS-Japan

MS-Japan

MS-Japanは公認会計士(USCPA)に
めちゃくちゃ強いエージェントとして有名。

Big4の監査法人はもちろん、中小監査法人や
CFOなど幅広いオプションをもっているのが魅力です。

おすすめエージェント③:BIZREACH

BIZREACH

CMでもおなじみの
ハイキャリア向け求人サイトBIZREACH
Big4の監査法人だけでなく、コンサルの求人も豊富です。

監査法人は良い会社です

まとめ

仕事が楽しくないという人も多いですし、
繁忙期はなかなか忙しいですが、

年収や得られるスキル、転職しやすさなど
メリットが多い職場であることも事実です。

Big4に入れば履歴書が綺麗になるので、
2~3年だけ勤めるというもアリな選択肢です。

公認会計士ちょっと興味あるかも

と思った方はこちらの記事も
ぜひ見てみてください。
▶公認会計士を目指す前にやるべき5つの準備

公認会計士については他にも色々と
紹介しているので、
気になる方はチェックしてみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました