公認会計士

公認会計士を目指す前にやるべき5つの準備【コレだけでOK】

スポンサーリンク
会計士準備公認会計士

公認会計士を目指す前に
やっておくべき準備ってなに?

こんな疑問を解消します。

弁護士・医者に並んで
国家三大資格の一つに数えられる公認会計士

決して簡単な資格ではないので、
勉強を始める前にはしっかり準備をしておかないと危険です。

本記事では、

記事の内容
  • 公認会計士を目指す前にやるべき5つの準備
  • クレアールへの資料請求方法

を紹介します。

公認会計士資格に興味のある方は必見の内容です。

記事の信頼性

筆者は現役の公認会計士です。

動画で見たい方はこちらへどうぞ。
音声だけで分かるように編集しているので聞き流しでOKです。

Youtubeはこちら
公認会計士を目指す前にやるべき5つの準備

そもそも公認会計士って何?
という方はこちらの記事をどうぞ。
▶公認会計士とは?わかりやすく簡単に解説【3分で読める】

スポンサーリンク

公認会計士を目指す前にやるべき5つの準備

5つの準備

これから会計士目指したいけど
何すれば良いんだろ?

という方がやるべき5つの準備は
以下のとおり。

5つの準備
  1. 簿記の勉強
  2. クレアールへの資料請求
  3. 専門学校の候補を決めておく
  4. お金(費用)の準備をしておく
  5. 心の準備をしておく
筆者
筆者

一つずつ説明していきます!

公認会計士を目指す前にやるべき準備①:簿記の勉強

簿記の勉強

これから公認会計士を目指す人は
まずは簿記の勉強を始めましょう。

なんで簿記の勉強?

簿記の勉強を始めるのは

  • 公認会計士試験のメイン科目だから先に勉強しておく
  • 公認会計士になったあとも毎日簿記の知識を使うので、
    自分が向いているか確認しておく

といった理由から。

公認会計士の仕事と簿記はとても
密接な関係にあり、簿記なしで公認会計士の仕事は成り立ちません。

簿記楽しくないなー
合わないなー

という方は、はっきり言って
公認会計士に向いていません

逆にいうと、

  • 勉強は嫌いだけど簿記は好き
  • 簿記の勉強は苦にならない

といった方は、
かなり公認会計士に向いているといえます。

そんな人いるの??

筆者
筆者

いるんですよコレが!

小学校から高校までの勉強は好きじゃないけど
簿記は好きという方は実は結構います。

筆者
筆者

実は隠れた才能が眠っていた
パターンですね

とにかくまずは簿記を勉強してみて
自分が公認会計士に向いているかの
チェックをしてみましょう

公認会計士の勉強でも、
最初の時期は簿記の勉強をするので、
簿記の勉強をする=会計士の合格に遠回り
ということにはなりません

筆者
筆者

むしろ逆です。
簿記の勉強をすることで
着実に公認会計士に近づきます

東京CPAに資料請求すれば無料で簿記3級相当の授業を受けられます

公認会計士予備校の一つである東京CPA。

今、>>東京CPAへ資料請求をすると、
無料で公認会計士講座入門の授業を受講できます。

それが何なの?

実はこの入門講座、
簿記3級相当の授業内容なんです。

なのでこの授業の受講すると、

  • 簿記がどんな勉強をするか分かる
  • 公認会計士講座の雰囲気が分かる

という2つのメリットがあります。

簿記の勉強はこれから始める予定なんだよね

という方だったら、
見ておかないと損ですよ。

>>東京CPAへ資料請求

公認会計士を目指す前にやるべき準備②:クレアールへの資料請求

クレアール?って何?

クレアールとは
公認会計士の専門学校の一つ。

「資料請求しろ」というのはなにも

筆者
筆者

クレアールに通いましょう!

と言っているわけではありません
目的はです。

本??

はい、本です。

今、クレアールに
公認会計士講座の資料請求をすると、
公認会計士試験非常識合格法
という本を無料で送ってくれるんですが、
これがなかなかの良書なんです。

どんな本なの?

簡単にいうと、
さくっと読めるボリュームで
公認会計士試験がどんな試験か簡単に理解できる本です。

試験合格のテクニックや本質が書かれており

公認会計士目指そうかなー

と迷っている方は絶対に読まないと損する本です。

もちろん私も読みましたし、
会計士受験生の仲間たちもみんな読んでました。

筆者
筆者

ここだけの話、読み終わったら
メルカリで売れます

とにかく
公認会計士試験とは何か」を知りたいなら
これを読め!って感じですね。

資料請求するだけで無料でもらえるので
ぜひ頼んでみましょう。

まずは以下のボタンからクレアールのサイトに飛びましょう。

公認会計士を目指す前にやるべき準備③:専門学校の候補を決めておく

まず大前提として、
公認会計士試験合格を独学で目指すのは絶対におすすめできません

詳細はこちらの記事(▶公認会計士試験が難しい5つの理由)にありますが、
とにかく難易度が高い試験なんです。

独学で合格できますか?

という質問をよくされますが、99.9%無理です。

公認会計士を目指すのであれば、
専門学校へ通うことを前提で考えましょう。

専門学校って
どんなところがあるの?

公認会計士試験の有名な専門学校と
大まかな料金は以下のとおり。

予備校比較についてはこちらの記事で
より詳細に紹介しています。
▶公認会計士の予備校を比較!合格率や費用を紹介

簿記の勉強をしながら、
この中で良いなと思う学校を決めておきましょう。

どうやって決めるの?

もちろん私が書いている記事を
読んでいただいても良いですし、

各学校に資料請求したり
説明会に参加するのも良いでしょう。

筆者
筆者

最近はオンライン説明会も
増えてきたので、
家から気軽に参加できます!

とにかく何となくて良いので
どの専門学校に行くか決めておいて、
どれくらい費用がかかるか想定しておきましょう。

公認会計士を目指す前にやるべき準備④:お金(費用)の準備をしておく

公認会計士の専門学校は
40~80万円程度の学費がかかるので、
どうやって工面するか考えておきましょう

学生の方であれば

  • 親に出してもらう
  • 奨学金から出す
  • 自分でバイトなどして貯める

などのパターンが考えられますが、
親に出してもらっている人が多いですね。

大学の在学中に合格すると
大学から100万円位の祝い金が出たりするので、頑張って4年生までに合格できれば補填できる可能性があります。
詳しくは大学に問い合わせてみましょう

大学生
大学生

そんな制度があるんだね!

専門学校をローンで通う予定の方は
こちらの記事を読んでみてください。
>>資格の専門学校に通う時のローンはクラウドローンを使うべきたった一つの理由

公認会計士を目指す前にやるべき準備⑤:心の準備をしておく

公認会計士は非常に道のりの長い試験です。

合格までの平均学習時間は3,500時間なので
1日10時間勉強しても1年間はかかる計算。

1年間での合格はかなり最速コースで、
1.5~3年くらいかけて合格するのが
ボリュームゾーンです。

1日10時間も勉強しても
1年間もかかるんだ…!
しかもボリュームゾーンは
1.5~3年…

決して脅すわけではないですが、
公認会計士は生半可な気持ちで挑戦できる資格ではありません。

学生であればバイトやサークルへの参加が
難しくなりますし、

社会人の方であれば飲み会やデートも
十分に行けなくなるでしょう。

めっちゃキツイじゃん…

筆者
筆者

その代わり合格した時のリターンも大きいですよ!

年収が高かったり自由度が高かったり、
「人生が変わる」資格といっても過言じゃないです。

公認会計士を目指すときは

人生が変わるほどの
大きな挑戦をするんだ!!

くらいの意気込みで臨んでおいた方が
そのあとのキツさに耐えられるでしょう。

メリットやデメリットは
こちらの記事で紹介しているので
ぜひチェックしてみてください。
▶公認会計士になるメリット・デメリット

クレアールへの資料請求方法

クレアール資料請求

さきほども紹介しましたが、
今一度クレアールへの資料請求方法を確認しておきましょう。

筆者
筆者

ちゃんと決められた方法でやらないと本がもらえないので!

まずは以下のボタンからクレアールのサイトに飛びましょう。

サイトに飛んだら右側にある「資料請求」から資料請求ができます(1分で終わります)。

資料請求

以下の「ご請求内容」の該当箇所にチェックするのをお忘れなく!
ここのチェックを忘れると本がもらえません

資料請求

公認会計士を目指す前の準備はしっかりと!

まとめ

これは公認会計士に限ったことではなく、
何事も始める前にどれだけ準備をするかで
成功可能性は大きく変わります

公認会計士に興味のある方は
本記事をしっかり読んでいただき、
しっかりとした準備をしていただければと思います。

何か不明点があれば
お問い合わせフォームからしてください!
別に受験に関することじゃなくても、
仕事内容や年収など、なんでもお答えします。

ちなみに大学生の方向けの
専門学校とのダブルスクールの記事は
こちらです。
▶大学生が公認会計士のダブルスクール前にすべき6つの準備

他の公認会計士記事も
よければチェックしてみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました