公認会計士

公認会計士に向いている人の特徴5選【現役公認会計士が語る】

公認会計士
悩む人
悩む人

公認会計士に向いている人ってどんな人?

こんな疑問を解消します。

結論、安定したいけど自由に生きたい
といったわがままな人が向いています。

医者、司法試験と並んで国家三大資格と呼ばれる公認会計士

どんな仕事をしているのかあまり馴染みがないので、

悩む人
悩む人

公認会計士に興味あるけど…自分は向いてるのかな?

と気になっている人も多いです。

そこで本記事では、

記事の内容
  • 公認会計士に向いている人の特徴5つ
  • 公認会計士を目指す前にすべきこと

を紹介します。

本記事を読めばあなたが公認会計士に向いているか分かります。

公認会計士や資格試験に興味のある方は必見の内容です。

記事の信頼性

筆者は現役の公認会計士です。
本記事の内容は自身の体験や周りの公認会計士に取材した内容を基に執筆しています。

公認会計士に向いている人の特徴

公認会計士に向いている人の特徴

公認会計士に向いている人の特徴は以下の5つ。

筆者
筆者

簡単に説明します!

公認会計士に向いている人の特徴①:お金が好き

お金が好き

公認会計士にはお金好きの人が向いています。

悩む人
悩む人

いやお金は誰だって好きでしょ

と思われるかもしれないですが、
それは稼いだり使ったりするお金ですよね。

そうではなく、仕事の一環としてお金を扱うことが好きかという話です。

公認会計士の資格を取った後の仕事は

  • 監査法人で監査
  • 事業会社で財務や経理
  • コンサルティングファーム
  • 独立して税理士

などいくつかの選択肢がありますが、
基本的にどの仕事に就いてもお金に関係することをやります。

筆者
筆者

会計士=お金のプロなので、

やはりそういうスキルが求められるんですよね

なのでまず根本的にお金が好きじゃないと
仕事が全然面白くないですね。

もちろん何の仕事をしても最終的にはお金につながっていくわけですが、
公認会計士の仕事はかなりお金に直結的です。

合わせて読みたい
>>公認会計士の仕事内容は?つまらないって本当?現役会計士が本音で語ります!

ちなみに年収も高い方なので、

悩む人
悩む人

お金稼ぎたい!!

というお金好きの人でも大丈夫です。

筆者
筆者

お金に関する知識もめちゃくちゃつくので貧乏にはならないですね

合わせて読みたい
>>公認会計士の年収はどれ位?平均年収や初任給を会計士が解説

合わせて読みたい
>>公認会計士になったら年収1,000万円余裕で超えた話【実体験】

公認会計士に向いている人の特徴②:競争したくない

競争したくない

公認会計士には競争が嫌いないわゆる平和主義的な人も向いています。

監査法人という公認会計士ばかりの会社に入るとガツガツ競争って雰囲気ではないですし、

独立して自分の事務所を構えれば一気にトップです。

なので

悩む人
悩む人

競争社会が好きじゃない…

という人には向いていますね。

筆者
筆者

わたしも競争は好きじゃないので居心地良いです

公認会計士に向いている人の特徴③:営業したくない

営業したくない

特に文系の大学生だと営業に配属されることが多いですが、公認会計士は文系資格ながら営業は皆無です。

悩む人
悩む人

なんで?

公認会計士の営業相手って上場企業の役員レベルになるんですけど、
人脈も何もない1年目のペーペーが相手にできるレベルじゃないんですよね。

基本的に公認会計士業界の営業は紹介から始まることが多いので、飛び込み営業みたいなものはないです。

筆者
筆者

営業は管理職以上がやるものなんです

なので若手のうち、10年弱は営業とかに携わることはないので、

悩む人
悩む人

営業とかメンタルきつそうで嫌だな…

という人にも公認会計士はオススメできます。

公認会計士に向いている人の特徴④:論理的(理屈っぽい)

論理的(理屈っぽい)

公認会計士の仕事は

  • 会計基準
  • 監査基準
  • 税務基準(税法)

といった基準に沿って行うことがほとんどです。

筆者
筆者

ゼロベースではなく、拠り所となる基準があります

「基準」は完璧ではないのでプロとして判断が求められるわけですが、
この判断をする際には論理的思考能力が必須。

仕事上の公認会計士同士の議論には

  • 感情
  • 主観

みたいなものは基本的になくて、
いかに論理的に基準を解釈するかというのが求められます。

論理的に相手を理詰めすることを
「ロジハラ(ロジカルハラスメント)」なんて言ったりしますが、
公認会計士業界は論理こそ正義

なので、

悩む人
悩む人

論理的に考えるの好き

という人は向いていますし、

悩む人
悩む人

よく理屈ぽいって言われる

という人も向いてますね笑

筆者
筆者

感情論の会話とかないのでめっちゃ楽ですよ!

公認会計士に向いている人の特徴⑤:自由に生きたい

自由に生きたい

公認会計士の最大の魅力である「自由さ」。
これを得たいという人も向いています。

悩む人
悩む人

公認会計士は自由なの?

めっちゃ自由です!

公認会計士という資格があるだけで
会社に依存せず自分1人で生きていく力が手に入りますし、

悩む人
悩む人

会社クビになったらどうしよう…

とか考えることないです。

色々なキャリアプランがあり、
年収も高くて、
自分自身の人生をしっかり楽しめてる実感があります。

筆者
筆者

本当に公認会計士はおすすめです!

合わせて読みたい
>>公認会計士とったら社畜になるどころか自由な人生を手にできた話【体験談】

公認会計士試験を目指す前にすべきこと

公認会計士試験を目指す前にすべきこと
悩む人
悩む人

公認会計士に興味あるかも…

という人は

  • クレアール
  • CPA会計学院

という2つの公認会計士の専門学校へ資料請求をしましょう。

悩む人
悩む人

なんで??

筆者
筆者

簡単に説明しますね

公認会計士を目指す前にすべきこと①:クレアールへ資料請求

クレアールへ資料請求

クレアールに資料請求をすると、
公認会計士試験非常識合格法
という本を無料で送ってくれるんですが、
これがなかなかの良書なんです。

悩む人
悩む人

どんな本なの?

簡単にいうと、
さくっと読めるボリュームで

  • 公認会計士はどんな仕事
  • 公認会計士試験はどんな試験

を理解できる本です。

公認会計士とは何か」を知りたいならこれを読め!って感じですね。

\今なら無料です/

一つ注意してほしいのは、
↓の「公認会計士試験非常識合格法書籍」へのチェックを忘れないようにしてください。

公認会計士専門学校クレアールへの資料請求
筆者
筆者

ここのチェック忘れると
肝心の本が届かないので

\1分で注文完了します!/

合わせて読みたい
>>「公認会計士試験非常識合格法」を現役会計士がガチレビュー

公認会計士を目指す前にすべきこと②:CPA会計学院へ資料請求

CPA会計学院へ資料請求

クレアールだけじゃなく
CPA会計学院への資料請求も絶対にしましょう。

悩む人
悩む人

なんで?

CPA会計学院に資料請求をすると
無料で簿記3級の授業(2万円相当)を受けることができます。

簿記は公認会計士試験の始まりです。
簿記の勉強をすれば公認会計士への向き不向きが分かるので、まずは簿記3級の授業を受けてみて

悩む人
悩む人

この勉強なら続けられるかな

と思ったら公認会計士を目指しましょう!

\今なら無料/
筆者
筆者

これも

受けておかないと
損ですよ!

他にも目指す前にしておきたい準備を
こちらの記事で紹介しているのでぜひ見てみてください。
合わせて読みたい
>>公認会計士を目指す前にやるべき5つの準備【コレだけでOK】

公認会計士を目指そう!

まとめ

今回紹介した特徴はあくまで一部ですし、
例えば競争や営業が好きな人も活躍できるフィールドはあるので

悩む人
悩む人

特徴と当てはまらないから
向いてないかも…

というとそんなことはありません

単純に会計という学問が好きなら公認会計士は楽しいはずですし、私自身もそんな感じです。

筆者
筆者

何で会計士になったのかと言ったら、会計が好きだからです!笑

まずは適性を見るためにも簿記3級の勉強を始めてみましょう!

それでは。

▼人気書籍が無料でもらえる▼

▼簿記3級授業が無料で受けられる▼

タイトルとURLをコピーしました